「ビジネスマン×日経新聞」の法則…サラリーマンに選ばれる理由
1486 ❤

デキるビジネスマンが朝の通勤で必ず手にしている新聞と言えば「日経新聞」…
国内外の社会情勢や経済状況などを知るには手放せないビジネスアイテムの一つです。

最近はスマホで世の中のニュースを知る事ができ、あまり新聞を読まないという人も増えてきていますが、新聞はネットニュースと比較して詳細な情報が記されている事も多く、骨太な見解や考え方などが記述されている事もあり、ネットだけでニュースを読むビジネスマンと差(エッジ)がつけられるアイテムなのです。




Sponsored Links


日経新聞がサラリーマンに選ばれる理由


860
さて、日経新聞がサラリーマンに選ばれる理由ですが、それは「ビジネスに役立つ情報が多いから」だと言えます。
日経新聞は社会面をかなり抑えていながらも、株式や企業の情報が満載で、日本の経済情報を一目で把握出来る事もあって部数もかなりの売り上げになっています。

またスポーツ新聞と比べて若干割高にもかかわらず、朝のカフェでゆっくりお茶を飲みながら目を通しているビジネスマンも多く、株などを購入している方には適切なアドバイスも掲載していることが人気の秘密と言われています。

会社の合併情報もいち早く掲載しますので、大手同士の銀行や電機会社の合併のニュースは一目で理解出来ますし、それに伴う動向も詳しいコラムと共に頭に入ってくることが日経新聞の大きな強みでもあり、選ばれる理由の多くが詳細な説明がされていることにあります。

実際に株関係に従事している会社に勤めている方にも、株を購入する予定がある方にも大変わかりやすい説明の欄が設けてあることで株の浮き沈みがすぐにわかるので、購入の研究材料としてはとても参考になることが多いのです。

そもそも日経新聞の紙面の半分以上が株式で埋め尽くされているので、会社の株式価格がすぐにわかる事が出来ますので株を購入する予定がある方や、自分の会社の株価格を見て動向をいち早く察知することが多く、会社で株の話に流れても動じることなく受け答えができますので、ビジネスマンには欠かせない存在でもあります。
上司から株式の専門用語が飛び出てきても動じる事無く受け答えも可能です。


日経新聞のいろいろ


857
ちなみに日経新聞の正式名称は「日本経済新聞」で、その他にも「日経産業新聞」や「日経MJ(流通新聞)」があります。
また日経新聞は朝・夕刊セット版地域と全日版地域とがあり、それぞれ朝・夕刊セット版地域が4,509円(月額・税込)、全日版地域が3,670円(月額・税込)で販売されています。
もし「毎日、日経新聞を買うのは面倒だ…」と感じるのであれば、月額で購読した方が断然お得なのです。

またテレビCMでもおなじみの「日経電子版」は4,200円(月額・税込)、日経Wプラン(宅配 + 電子版)が朝・夕刊セット版地域で5,509円(月額・税込)、全日版地域が4,670円(月額・税込)も人気が出てきているようです。




Sponsored Links


まとめ


858
このように日経新聞が選ばれる理由は沢山ありますが、何より日経新聞の記事は経営者自身が執筆している事が多く、経験を踏まえての失敗談や成功経験をより身近に読む事が出来ると言う…
他の新聞にはない魅力が満載している点です。

また小説も書籍化される事が多いのも選ばれる理由の一つでもありますが、一流の作家が書き下ろした連載小説が多く少しワイルドな内容でちょっぴりアダルトな小説も含んでいる事があるので、男性であればわくわくしながらハマっている方も多くいるのです。

この記事の著者

mensedgeMEN’S EDGE編集部

MEN’S EDGE(メンズエッジ)は、「仕事や恋愛で他人と少しでも“差(エッジ)”をつけたい!」と考えるビジネスマンを全力で応援するメディアです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る