ブルーオーシャン戦略の意味とレッドオーシャン戦略との比較
941 ❤

ビジネスの世界では常に新たな商品やサービスを探求していかなければなりません。
しかし、それは簡単なことではありません。

そこで過当競争による収益の低下に悩んでいるとき…
自社の将来的な成長を強く望んでいるとき…

そんなときにブルーオーシャン戦略の意味とレッドオーシャン戦略を学んでおくだけでも、自社の商品やサービスに新たな視点を見い出すことができるかもしれません。




Sponsored Links


ブルーオーシャン戦略の意味とは?


2161
「ブルーオーシャン戦略」とは、既存の市場での競合同士の過当競争から離れ、独自の新市場(=ブルーオーシャン)を創造して、競争自体がない安定した収益を求める戦略のことを言います。
ブルーオーシャンとは穏やかな「海」の意味で、その反対の過当競争で全社が擦り切れる激戦区を血の海=レッドオーシャン(レッドオーシャン戦略)と呼びます。

過当競争のレッドオーシャンではライバルが増えるほどマーケットシェアは低下し、収益も下がります。
一方でブルーオーシャンはまだ存在していない市場であり、当然ライバルも存在していません。

この市場を開拓し、成長させることができれば、創業者的に利益を独占できます。
とはいえ、競争相手のいないブルーオーシャン戦略は市場を発見すること自体が困難です。

現行製品の真逆の製品がブルーオーシャンとなるわけでもなく、アイデアと創造性喚起によって見つけ出すしかありません。
たとえば、ヘアカット専門店「QBハウス」(キュービーネットホールディングス株式会社)は、1996年に10分1000円(現1080円)の新サービスを実現しました。

洗髪や肩もみなどの付帯サービスを廃止し、散髪時間を1時間から10分に短縮して低料金化することで大人気を博しました。
同店が顧客の視点から、何を省略し何を付加すればブルーオーシャンが創造できるかを見極めた結果だといわれています。

しかし、ブルーオーシャン戦略で切り開いたビジネスも、時間と共に新規参入が増え、激戦化(レッドオーシャン化)していきます。
ビジネスの発展のためにも常にブルーオーシャンを探し求める努力が必要なのです。




Sponsored Links


ブルーオーシャン戦略とレッドオーシャン戦略の違い


2130
レッドオーシャン市場は、いずれ見切りをつけざるを得なくなります。
一方でブルーオーシャン市場は競争がないため、初期は独占的な収益を得られることとなるのです。

2421

ブルーオーシャン市場は独占のメリットは大きいものの、市場創造と育成が課題となります。
企業やエッジの効いたビジネスマンは、常にブルーオーシャン戦略を意識してアイデアを創出すべきなのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る