大切なことは何だったのか?「失敗する新規事業」が生まれる理由
425 ❤

世の中の多くの会社で新規事業のことが経営者の会議などで話題になることがあります。
それは各企業の経営者たちが、時代に合わせた商品やサービスを市場に提供していかないと、いつかは売上も縮小し、取り残されていってしまうことを知っているからです。

ただ、長年1つの業種で堅実な経営をしてきたものの、これからの時代の変化に対応して他の分野でも利益を上げられるようにするのは簡単なことではありません。

長く会社を存続させるという考えに基づいてこういうことが話題になったりしますが、新規事業というのはそう容易く成功するものではないというのを経営者たちは嫌と言うほど知っているのです。

しかし、それでも企業は新たな価値を見い出さなければならず、その中には圧倒的に多くの「失敗する新規事業」が存在している事は言うまでもありません。


「失敗する新規事業」が生まれる最大の理由


1032
では「失敗する新規事業」が生まれる理由とは一体なんなのか?

その一つは全く違う分野に参入を考えた場合、自分の会社にノウハウが何もない状態で市場に参入し、呆気なく失敗してしまうパターンが最も多いかと思います。

例えばこれまでIT業界でWEB政策をしていた会社が飲食店を出店したり、飲食関係の会社が出版関係の会社を設立したりといったように、今の主事業とは全く関係にない事業に乗り出して失敗するケースです。

「隣の芝生は青い」という言葉があるように、一見すると簡単そうに見えるビジネスもいざやってみると、思った以上に利益を出すのが大変だったり、分からない事がたくさん出て来てしまうこともあるのです。




Sponsored Links


「失敗する新規事業」を成功させる為には…


1035
そもそも新規事業は文字通り、具体的には何もない0(ゼロ)の状態から始めるわけで、そういった部署を会社に作り、そこに配属する社員の選定の段階から難しい選択を迫られます。

社内で新規事業立ち上げの話を社員に説明し、希望者を配属する手段もありますが、希望者がどういった理由でその仕事をしたいかもきちんと確認する必要があります。

単に今やっている仕事に飽きてしまって配置換えを希望しているだけの状態に新規の部署の仕事を任せるのは経営者としても不安です。

そのためには業界のスペシャリストをスカウトしたり、既にその業界で成功した実績を持つ人材を経営陣やコンサルタントとした雇う必要もあるでしょう。

成功したいのであれば、その道に成功者に教えてもらうのが一番なのです。
その場合は年齢や性別などは関係なく、その時代の成功者を選ぶようにしましょう。
間違っても何十年も前の成功者では、今の時代と合わない可能性があるので、まさに今成功している人をお手本にするのです。

また、それは人だけでなく、成功している会社自体も参考にする必要があります。
ほとんど真似と呼ばれるくらいに徹底的に踏襲することで、成功の糸口も見つかってくるのです。




Sponsored Links


まとめ


1034
新規事業の成功は大変難しいものです。
これは企業だけでなく、ビジネスマン一個人で考えても、今までやって来た事が全く通用しない業界で成功を収めるようなもので、生半可なことではありません。

なぜなら通常であれば、既に軌道に乗っている本業に近い分野で新規事業を行うことが失敗パターンに陥らない最適な方法だからです。

しかし、そのような新規事業が難しい場合は、思い切って成功している企業や人を模倣してみるという手が最も手っ取り早い成功法でしょう。
なぜなら、そういった企業や人は成功する方法を知っており、新規事業が成功する答えを持ち合せているからです。

その答えを知ることが、今まで挑戦したことのない新規事業を成功させる最善の近道なのです。

この記事の著者

mensedgeMEN’S EDGE編集部

MEN’S EDGE(メンズエッジ)は、「仕事や恋愛で他人と少しでも“差(エッジ)”をつけたい!」と考えるビジネスマンを全力で応援するメディアです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る