ビジネス・仕事の質を高める!結果をつくるビジネスマンの“情報収集テクニック”
687 ❤

現代のビジネスにおいて、上質の情報が重要であることは、あらためて言うまでもありません。
ビジネスマンの評価は、いかに優れた情報をたくさん持っているかの一点にかかっていると言っても過言ではないほどです。
そんな質の高い情報を集めるテクニックというのがあるのでしょうか。


陥りがちな失敗


431
その前に、よく陥りがちな失敗があります。
多くの情報を懸命に集め、それらをきめ細かに整理しようとすることです。

しかし、それは大きなストレスになるのです。
そんな負荷をかけて情報収集したところで、整理した情報をあらためて見直す機会は、かなり少ないことでしょう。
毎日、鮮度の高い情報に接しておくことは大事です。

ただし、忘れてはいけないのは、情報量の多さではなく、情報アンテナを立ててその感度を上げておくことなのです。
量の多さにばかり目が行って、大量の情報を集めていっても、心身ともに疲れるだけです。

取り入れる情報量は、最低限でいいのです。
そして、必要な情報は、それが求められるタイミングで入手できれば、関連した情報も一緒に入ってくるのです。




Sponsored Links


情報収集のツール「日経新聞」や「ビジネス関連書籍」


442
情報収集の一環として、日経新聞を読んでいる人は少なくありません。
一面から最終面までの記事を読むのはもちろん、掲載されているビジネス誌や新刊書の広告もチェックします。

また日経新聞は最新のビジネス情報に加えて、専門家の見解やその日のミーティングや商談などにも使えるネタが山のように眠っています。
忙しいビジネスマンにとって、全てに目を通すことは難しいかも知れませんが、気になる記事だけでも抑えておくことで、知識や教養が徐々に備わっていくのです。

また、同様に興味を惹いたビジネス関連本を買って読めば、情報力が高まります。
情報収集と言うと、反射的にインターネットを連想するビジネスマンが多いかと思います。
もちろん、情報収集のテクニックとしては、インターネットは非常に優れています。

けれども書籍は様々な専門家の見解や細かな情報が記述されていることが多く、インターネットなどで得られる何倍も奥が深い内容となっているものが多いのです。
そのためインターネットで得たパッと見の印象と、専門書籍を読んで得た知見を得た後では意見や考え正反対となっていることもあるのです。

そこで意外と見過すごされがちなのが図書館です。
ほかの人があまり接触していないからこそ、オンリーの情報を手にできる可能性があるのです。
しかも無料で利用できます。

少なくとも、公共図書館の場合は、たとえ赤字経営であっても、金銭的な負担が求められることはありません。
静かな環境の中で、存分に、手あかの付いていない情報収集ができます。
このように、小手先のテクニックの問題ではなく、情報感度をブラッシュアップすることを心掛けるのが重要なポイントとなります。




Sponsored Links


まとめ


429
情報収集はスピードが命であるという側面を持っています。
そのため週刊誌や新聞、特に書籍はそのスピード感はインターネットに遥かに及びません。

しかしだからと言って、インターネットを全ての情報源にすることはあなたを薄っぺらの人間にしてしまうかも知れないのです。

なぜならインターネットの情報は誰でも調べれば載っています。
そして基本的には丈量も少なく、中には一方の意見しか掲載されていない情報もあります。

つまり、そんな情報をばかりを収集したり、鵜呑みしているようでは深みのある…
まさにエッジの効いたビジネスマンとは言い難いのです。

気になることがあれば、その物事に関する書籍を3~4冊読んでみる…
それだけでもあなたの知見や情報量は、世に出回っているネットの情報よりも遥かに深いものとなるでしょう。
そういったビジネスマンこそ、他とは違うエッジの効いたビジネスマンなのです。

この記事の著者

mensedgeMEN’S EDGE編集部

MEN’S EDGE(メンズエッジ)は、「仕事や恋愛で他人と少しでも“差(エッジ)”をつけたい!」と考えるビジネスマンを全力で応援するメディアです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る