自宅でホワイトニングの効果を実感?デキる男は歯から違う!
521 ❤

毎日の生活の中、忙しい仕事の中でちょっと一息入れようとコーヒーを一杯…
そしてタバコに火を点けて一服…
そんなビジネスマンも多いのではないでしょうか?

そんな時にタバコとコーヒーの組み合わせで健康的な問題もさることながら、気づけば歯が黄色くなっていた…
なんていう事があります。
デキるビジネスマンであれば、いつでも清潔に歯は白くありたいものです。




Sponsored Links


歯が黄色くなる理由


195
歯が黄ばむ理由はタバコやコーヒーなどの着色汚れだというイメージがあるかと思います。
もちろん、これも大きな理由ではありますが、この他にも加齢による変化であったり、歯科治療による詰め物の変色、歯の磨き過ぎなども理由に挙げられます。

コーヒーや赤ワイン、コーラや合成着色料などの色の濃い飲み物や食べ物を多く口に入れている人は、歯にステイン(色素)が付着する度合いが増えて、歯ブラシで磨いたくらいでは黄ばみが取れなくなってきます。

また、そもそも年齢と共に歯は黄色くなるもので、さらにそこで歯を磨き過ぎていれば、歯のエナメル質が削れて薄くなり、本来の象牙質で黄色に歯が目立ってくるのです。

このように歯が黄色くなる原因は、様々ありますので、その点も歯科で相談した方が良いでしょう。




Sponsored Links


歯を白くするには「オフィスホワイトニング」or「ホームホワイトニング」


194
私生活の合間をぬって、やっといくらかの時間を作り、喫煙やコーヒーなどの嗜好品で染まった歯を白くしたいと考えている方は多いかと思います。
さて、そんな歯を白くしたい人は歯科に通って施術を受ける「オフィスホワイトニング」、また自分で自宅において行う「ホームホワイトニング」と行う事になります。

歯科で施術を受ける「オフィスホワイトニング」の場合は、お金で膨らんだ財布を持参し、歯科用の椅子に腰を掛けて口を開ければ、あとは歯科医などが歯を白くしてくれます。

歯科で受ける施術であれば1回で効果が表れ、1回にかかる時間も1時間程度で済みます。
しかしその反面、効果の持続期間は「ホームホワイトニング」の場合は1~2年であるのに対し、「オフィスホワイトニング」の場合は3~6か月程度であるため、歯科で施術を受けるなら頻繁に通わなければなりません。

また「オフィスホワイトニング」はホワイトニングを施す歯の本数によって料金が高騰するのが一般的で、歯科によっても違いますが、全ての歯をホワイトニングするとかなり高額になるかと思います。

一方、自宅で行う「ホームホワイトニング」の場合は、自分の歯型からマウスピースを歯科であらかじめに作り、それに処方された薬剤を入れて歯を白くしていきます。

この「ホームホワイトニング」の方法は、歯の白さや歯並びの良さがイコール生活程度の高さであるというアメリカなどでは、すでに90~95%以上の人が経験者だともいわれています。

そのため約20年も前から行われている方法なので、安全性にはいささかも疑問の余地はないのですが、その効果は、はじめに医療機関でマウスピースを作ってもらい、その後1~2週間位でやっと白さが実感できるというものです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る