起業するサラリーマンが辞める前に準備するべき3つの事項
573 ❤

一つの会社で一生働き続けるサラリーマンもいれば、時には転職をして他の会社に移ったり、独立起業して違う仕事を始める人もいるでしょう。
特に起業の際には前職で培った経験や技術、またコネクションなどをしっかりと活かしたビジネスを始める事で、成功や軌道に乗るのも早くなると言われています。

そこで今回は起業するサラリーマンが辞める前に準備するべき3つの事項に関して学んでおきましょう。


起業するサラリーマンが辞める前に準備するべき3つの事項その1「資格・経験・スキル」


738
サラリーマンを辞める前に準備すべき1つめのことは、独立してやっていくのに必要となる資格や経験、スキルなどを獲得しておいた方が良いです。サラリーマンとは異なり、自分だけで稼がなければならないので、半端なスキルでは通用しません。

プロとして仕事を請けられるレベルにしなければならないのです。初めは資金的に助手やアシスタントもつけることはできませんから、すべてを1人で完結できるようにしておかなければなりません。
またサラリーマンを辞めてから資格やスキルを獲得しても良いですが、その場合には会社を辞める前に、このために必要となる資金を貯めておくことが必要です。

生活費なども途絶える可能性が高いので、授業料などだけではなく、その間の生活費も貯めておかなければなりません。
独立してやっていくためのスキルとは稼ぐために必要となるスキルはもちろんですが、営業や広告、事務処理などのスキルも養っておかなければなりません。

脱サラしたら、業務をやるだけではなく、接客や営業、広告、会計処理などもすべて1人でやらなければならないからです。
すべてを離職前に経験することは無理かも知れませんが、副業などの形で実際にやる予定であるビジネス活動をして、疑似体験をしておいた方が良いです。




Sponsored Links


起業するサラリーマンが辞める前に準備するべき3つの事項その2「顧客・取引先などの獲得」


736
サラリーマンを辞める前に準備すべき2つめのことは、顧客や取引先なども獲得しておくということです。
こちらもサラリーマンを辞めてから、獲得しても良いですが、準備が遅くなれば遅くなるほど、独立したりフリーランスになった後のビジネスの採算が取れる時期が遅れてしまうからです。

すぐに黒字にしたかったら、辞める前にある程度の顧客や取引先の目星をつけておいた方が良いです。
辞める際にはすでに顧客がある程度いるような状態が理想です。
採算性が取れるくらいの顧客を獲得しているなら、安心して会社を辞めることができます。

また、そこまででなくても、それなりの収入が確保されていれば、いきなり脱サラに失敗してしまうようなことはありません。




Sponsored Links


起業するサラリーマンが辞める前に準備するべき3つの事項その3「活動の場所」


737
最後に辞めた後の活動の場所を会社を辞める時期までに確保しておくことも大切です。
辞めることを決めたなら、早めに事務所や活動場所は決めておくべきです。

活動場所が決まっていなければ、ビジネスプランが立てられなかったり、顧客獲得もできなかったりするからです。
展開する事業によっては場所をビジネスで使えるように改装したりしなければならない場合もあります。
このような場合にはかなりの時間を要する場合もあるので、早くから場所は準備しておいた方が良いのです。

また、複数の場所を使ったりするような場合にはさらに時間が必要となりますし、組み合わせについても考えなければならないので、より問題は複雑化します。
だから、余計に早く準備し始めなければなりません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る