自己啓発をしよう!ビジネスに役立つおすすめの資格
1091 ❤

ビジネスマンにとって自分の意識や能力を高めることは、出世や転職などを有利にし、将来的の収入や役職にも大きな影響を与えることにもなります。

そこで、そんなエッジの効いたビジネスマンを目指す上で、ビジネスに役立つおすすめの資格に関して、ご紹介したいと思います。


ビジネスに役立つ資格一覧


52
ビジネスに役立つ資格を一覧でおすすめしていくと、以下のような資格が挙げられるでしょう。
まず「簿記検定」、次に「宅建士(宅地建物取引士)」、「ITパスポート」、意外なところで「ペン字検定」などがあります。

簿記検定やITパスポートは、業界不問で知識を使うことがあるためビジネスマンとして生きていく上で役に立ちます。
宅建士は不動産業界への転職に役立ちます。

ペン字検定は、最近はメールのやり取りが多いのですが、節目節目で礼状を書いたりする時に、字が汚いとそれだけで損をしてしまいます。
また履歴書を手書きで作成する場合は、字がきれいか汚いかで評価が分かれてしまうこともあります。

これらの資格は、教養として持っておくと利便性が高いです。
簿記検定やITパスポートは、取得難易度もそこまで高くはなく、財務やパソコンに関するスキルが身につくため、転職を意識しないまでも自分の付加価値を高める自己啓発検定として有益です。

生活や仕事に必要なスキルは、身につけておくと自己啓発ができ、自分の付加価値を高めていくことが可能になります。




Sponsored Links


おすすめするビジネスマンの資格


1074
ビジネスマンにおすすめの資格、役立つスキルという観点から見ていくと、簿記検定と宅建士はおすすめです。
簿記検定は業界を問わず保有しておくことでビジネスに役立ちますし、宅建士は事務所に保有者を配置しなければならないためビジネスに直結していると言えます。他に自己啓発ができ、注目されているもので、ファイナンシャルプランナーがあります。

金融機関への転職に役立つだけではなく、結婚、出産、マイホーム購入といったライフサイクルの中で、いつお金を貯めていつ使っていくかを分析できるようになるため、取得して損はないでしょう。
これらは1年以内で取得が可能で、難易度もそこまで難しくありませんので仕事をしながら取得することが可能です。

その意味でも多忙なビジネスマンの自己啓発にはおすすめです。
宅建士以外は、保有していることでビジネスにも役立ちますが、暮らしの中でも役立てることができるため、取得できれば一石二鳥と言えるでしょう。




Sponsored Links


まとめ


1075
ビジネスマンの場合、仕事をしながら取得するための勉強をしなければならないため、最初から難易度の高いものを狙うのではなく、比較的取得しやすいものから始めてステップアップをしていくことが、ビジネスと自分のライフスタイルを両立させることができるのでおすすめです。

仕事に活用できることが期待でき、日々の暮らしにも役立つ知識を得ることができる資格の取得を目指せば、取得のための勉強も苦にならないでしょう。

また、1年以内で取得できるものは勉強をする場合でも負担が大きくないため、自己啓発を兼ねていくつか取得してみようという場合には、有益だといえます。

難易度が高くないものから始めて、例えば税務に興味が出てきたら税理士試験を受けてみるといったような流れでスケジュールを組んでいくと、興味があるものから取り組むことができるため、途中で挫折しにくいでしょう。

取得にかかる費用や時間と、取得したことで得られるメリットがはっきりと見えやすいものからスタートしていくことをお勧めします。

この記事の著者

mensedgeMEN’S EDGE編集部

MEN’S EDGE(メンズエッジ)は、「仕事や恋愛で他人と少しでも“差(エッジ)”をつけたい!」と考えるビジネスマンを全力で応援するメディアです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る