会社が辛い!行きたくない、辞めたいと感じたらまずやること
527 ❤

「会社が辛い」…
「行きたくない」…
「辞めたい」…
毎日会社に行って一生懸命に働いているビジネスマンでも、時にはこんな風に感じたことがあるかもしれません。

会社の人間関係や労働時間に仕事の内容、さらには休み明けや五月病、給料が少ないなどなど…
会社に行きたくない、辞めたいと感じる理由はたくさんあります。

そこで今回は会社が辛い、行きたくない、辞めたいと感じたらまずやることに関してご紹介しましょう。


会社が辛いと感じる理由


1248
サラリーマンにとって会社が辛いと感じるのは人間関係の煩わしさです。
多くの人が働いているのでフィーリングの合う人とそうでない人がいて、フィーリングの合わない人とも一緒に仕事をしなければならないため、ストレスも溜まります。

こちらが言ったことを理解してくれたと思ったのに数日たってから相手が全然理解していなかったということを知った時などは疲れも倍増します。
また、上司との人間関係もややこしいことがあります。
感情の起伏の激しい上司の場合、日によって様子をうかがいながら接しなければなりませんので非常に神経を使います。

肝心の仕事内容よりもそういった人間関係に疲れてしまうと、会社に行く気力もなくし、毎日の通勤も気が重くなります。
学生時代のように気の合う仲間とだけ過ごせばいいわけでないのが社会という所で、厳しさにさらされ過ぎると仕事に行きたくないと思って辞めたいと思うのです。




Sponsored Links


会社が辛いと感じないようにする方法


1251
会社を辞めたいという気持ちを一人で抱え込むことはよくありません。
同じ気持ちで働いている社員がいるはずですので、自分と同じように行きたくないのに毎日仕方なく通勤している社員を見つけることもベターです。

そのためには飲み会などに積極的に参加することも得策です。
お酒が入れば普段とは違う表情の上司の姿を知る機会にもなりますし、普段交流のない社員と親しくなる可能性もあります。

思いが同じながら頑張っている社員がいることを知れば、仕事に行きたくない気持ちや辞めたい気持ちも少しずつほぐれてくるものです。
また、趣味がある人は、会社をその趣味に使うお金を稼ぐ場と割り切ってしまうことも悪くありません。
残業は極力なくし、定時になればさっさと仕事を切り上げて趣味に熱中する人生も生き方の選択肢の一つなのです。




Sponsored Links


まとめ


1250
社会人になれば何らかの仕事はしなければならないので、いったん就職した職場は辞めたいと思ってもなかなかやめられないものです。
家族がいる場合、収入が途絶えれば大変なことになりますので辛い気持ちを我慢して毎日働いている人も多いですが、精神的な負担を軽減して仕事をする方法を考えてみたいものです。

仲のいい同僚と何気ない会話が出来るようになれば気も紛れますし、上司の愚痴も言えて言うことによってストレスも発散できます。
仕事に行きたくないという気持ちを自分一人で抱え込み、精神的な限界が来るまで頑張るような無理な社会人生活はなるべく避けるようにしたいものです。

辛さというのは声に出して他人に聞いてもらうだけですっきりするものですので、自分と同じように毎日辞めたい気持ちを持ちながら働いている同僚と仲良くなれば気分も楽になるのです。

Sponsored Links

この記事の著者

mensedgeMEN’S EDGE編集部

MEN’S EDGE(メンズエッジ)は、「仕事や恋愛で他人と少しでも“差(エッジ)”をつけたい!」と考えるビジネスマンを全力で応援するメディアです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る