会社の同僚からパワハラを受けた時の対策は知っておいて損はない!
729 ❤

会社では人間関係も大切です。
そんな中、もし会社の同僚からパワハラを受けたラ…
そんな時の知っておいた方が良い対策に関してご紹介しましょう。


会社の同僚のパワハラはどんなもの?


1296
会社の同僚のパワハラはどんなものかというと、大声で怒鳴るというのが一般的ですが、仕事とは関係ないこと軽蔑するということや、セクハラに近いようなこと、または無視をするというようなこともあります。
仕事を回さないようにするということも、この類の一種と考えてもいいでしょう。

個人的な感情で人を傷つけることがこれにあたります。暴力などは論外ですが、いじめと同質のものともいえるものと考えるとわかりやすいでしょう。
他者を貶めることで、満足感を得たり、人の注目を浴びようとする自己満足感がこれにあたります。

また、人がこの行為をしているのを黙認しているのも、被害者側からすると、それを肯定しているように感じることもあるので、何もしていないことイコールパワハラではないということにはならないということは、知っておくべきでしょう。




Sponsored Links


会社の同僚から受けるパワハラ対策はこうしよう!


1295
会社の同僚から受けるパワハラ対策としては、まずは会社の人事部に相談をすることが出来ます。
基本的には人事部は公平な立場で調査をしてくれるでしょうから、客観的な意見をしてくれることが期待出来ます。

それは自分に対してもですが、同僚に対してもしてくれます。
もっとも、人事部が期待通りに動いてくれないことも多々ありますから、そのようなときは、法律相談をしてみるのもいいでしょう。

多くの弁護士事務所では、こうした相談を扱っています。
また、労働基準監督署に相談をするということも出来ます。

ここは各自治体に設置されているはずですから、必ずどこかにあるはずです。
こちらではこうした問題の専門家でもありますから、いろいろなアドバイスを聞くことが出来ます。

相談を受けた監督署は企業を訪れたり、聞き取りをしたりすることもあります。
また、心理カウンセラーの助言を聞くということも可能です。




Sponsored Links


まとめ


1294
会社の同僚から受けるパワハラには、恫喝のようなものから、無視やセクハラ、いじめのようなものまで多岐にわたってあります。
その対策としては人事部に相談をしたり、法律事務所に相談をする、労働基準監督署に相談をするといったことが出来ます。

また、心理カウンセラーの助言を聞くことも可能で、心理的なストレスというものがどの程度なのかを把握することも出来ます。
この場合は直接的な対策ではありませんが、ストレスから体調を崩すということは珍しいことではありません。

しっかりと体調を管理するという意味でもこうした相談をするのは悪いことではありません。
最近では多くの企業がストレスというものが仕事に大きな影響を与えるということを認識し始めていて、大企業ではストレスチェックが義務付けられるなど、心のケアというものが認知され始めているところです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る