転職する時に送る社内や取引先へのあいさつメール例文
1005 ❤

出会いもあれば別れもあり…
ビジネスの世界で別れた出会いと言えば「転職」が挙げられるでしょう。

さて、そんな「転職」ですが「飛ぶ鳥跡を濁さず」という諺があるように、転職する時も気持ち良く前の職場の人たちに別れを告げたいものです。
そこで重要になって来るのが、転職の時に送る社内や取引先へのあいさつメールです。
例文を参考にして考えてみましょう。


転職する時の挨拶メール例文(社内)


909
転職をする時の社内の方へのメールを書くときのポイントは、あくまでも今までの感謝の気持ちを伝えることに終始してネガティブなことは思っていても書かないことが鉄則です。

書き出しの例文は「在職中は大変お世話になりました。」とシンプルに感謝の意を伝えましょう。
また、最終所属部署での直属の上司や部下や同僚、また過去に同じ部署で働いた人へは一人ずつ送った方がよいです。

特に親密な関係にあった人への例文は「○○の際はありがとうございました。」とその人とのエピソードなどを添えると好印象です。
送る宛先は一斉送信で済ませる人と、個別に送るべき人を選定することが必須です。

また、他に誰に送っているのかを勘繰られないように宛先はBCCを使ったほうが無難です。
あの人には送ったけど自分には来ないなどと後から噂話になるようなことが避けられます。

転職先の記入は、同業他社などの場合は書かない方が無難です。
締めくくりの例文は、最終出社日を記入した上で、「末筆ながら、社業の今後益々の発展と皆様方の益々のご多幸を祈念申し上げます。」と心遣いを忘れずに。

イメージとして、その人との関係性によっても変わりますが、社内の人とはこのような感じの例文で良いかと思います。

○○様

お世話になっております。
□□です。

突然ですが、このたび一身上の都合により退職させて頂くこととなりました。
在職中は大変お世話になりました。

△△で学んだことは貴重な経験として これからの人生に活かしていくつもりです。
末筆ながら、社業の今後益々の発展と皆様方の益々のご多幸を祈念申し上げます。




Sponsored Links


転職する時の挨拶メール例文(取引先)


912
転職をする時の関係性のあった社外の取引先への挨拶で最も重要なことは、相手によって使い分けることです。
取引先を大別すると、その後も引き続き付き合う可能性のある人と関係が間違いなく途絶える人とで内容を変えることが重要です。

今後もお付き合いする可能性の大きい人へは、メールのみならず直接会って挨拶した方がいい人もいます。
関係が無くなる人へは儀礼的なメールのみで充分です。

つまり、会って挨拶すべき人、電話で挨拶すべき人、個別にメールを送る人、一斉送信で済ませる人という区別で送り先を仕分けしそれぞれに対して合った例文を使用することが肝要です。

社外への挨拶は在職中に行うことが必須です。
退職後は、情報セキュリティ担当者にチェックされたりサーバーに保存されているものまで全件チェックされる可能性もありますので注意が必要です。
そして、社内以上に他の宛先が判ってはいけませんので宛先は必ずBCCにしなければなりません。

取引先の人にはこのような感じの例文が良いかと思います。

△△株式会社
○○様

いつもお世話になっております。
××株式会社の□□でございます。

早速ではございますが、このたび一身上の都合により××株式会社を退職することになりました。
○○様には在職中はひとかたならぬお世話になり、本当にありがとうございました。

尚、後任に関しましては同じ部署の□□が勤めさせて頂きます。
□□からは、また改めてご挨拶のメールをお送り致します。

本来であれば、お伺いしご挨拶をすべきところではございますが、ままならずメールにて失礼を申し上げます。
また、こちらのメールアドレスは本日を持ちまして使用できなくなりますので、ご了承くださいませ。

最後になりましたが、貴社のご発展と○○様のご活躍をお祈り申し上げます。
本当にありがとうございました。




Sponsored Links


まとめ


911
退職決定後は基本的にインターネットは外部サイト以外は閲覧ができなくなると認識しておかなければなりません。
書類の閲覧も制限されます。IT社会において、社内機密や個人情報に対するセキュリティ対策としてもはや常識です。
ですので、そのような制限を受ける前に例文も事前に準備しておくべきです。

また、社内、取引先など仕事関係以外にメールを送るべき人も選定しましょう。
親しい人には本音や愚痴を言うのは致し方ありません。

しかし、どんなに親しい人であってもネガティブな内容を伝えることは絶対に厳禁です。
受信した人が情報を勝手に広めてしまう可能性があり、誰に伝わるが判ったものではありません。
ましてや、FaceBookなどのSNSはもってのほかです。

転職をする際には他にも、仕事の引継ぎや新生活の準備などやるべきことが山積しています。
退職を決意した日からきれいな退職と良い転職ができるように準備を整えなければならないのは当然のことです。

この記事の著者

mensedgeMEN’S EDGE編集部

MEN’S EDGE(メンズエッジ)は、「仕事や恋愛で他人と少しでも“差(エッジ)”をつけたい!」と考えるビジネスマンを全力で応援するメディアです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る