「アドバンテージマトリクス」の使い方と分類される4つの業界(事業)
2836 ❤

エッジの効いたビジネスマン…
つまり他とは違うビジネスマンを目指すあなたには是非この「アドバンテージマトリクス」を学んで欲しいと思います。

特に業界や事業を分析する際に、この「アドバンテージマトリクス」の使い方や分類される4つの業界(事業)について知っておくだけでも、簡単に頭の中が整理できプレゼンや企画書を作成する際にもきっと役立つはずです。


アドバンテージマトリクスとは?


708
まず「アドバンテージマトリクス」とはなんぞや?という話ですが、これは「アドバンテージマトリクス」ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)が考案した「業界(事業)の競争環境を分析事業の経済性を評価するフレームワーク」のことです。
「業界(事業)の競争要因の数」と「優位性が構築できる可能性」の大小という2軸で、2×2のマ卜リックス上に業界(事業)を4タイプに分類し、それぞれのタイプによって「業界(事業)の経済性を分析して成功の可能性を探るため」のものです。




Sponsored Links


アドバンテージマトリクスの使い方


706
さてアドバンテージマトリクスは「業界(事業)の経済性を分析して成功の可能性を探るため」のものでした。
そのためアドバンテージマトリクスの使い方としては、下記の2点が挙げられます。

自社の業界(事業)を経済面から評価・分析したいとき
事業再構築や新規業界(事業)への参入を考えるとき

つまり企業が既存事業における各事業の位置づけを明確化したり、新規参入の際の大きな目安にすることができるのです。




Sponsored Links


アドバンテージマトリクスで分類される4つの業界(事業)


0005
アドバンテージマトリクスでは経済性を上記の4つの業界(事業)分類することができます。

業界(事業)の競争要因の数は勝負の決め手がシンプルなのか、それとも複雑なのかを示します。
競争要因が少なぃのは、競争手段が少ないために勝ち負けが単純に決まるタイプの事業です。
優位性が積築できる可能性は、可能性が大きいほど、事業収益性を高めるられることを意味します。

これらの評価軸により、「特化型事業」、「規模型事業」、「分散型事業」「手詰まり型事業」の4タイプに分類できるのです。
また、それぞれのタイプで事業の経済性が異なってきます。

特化型事業…特定分野で強みを活かすことで成功しやすい業界(事業)分野
規模型事業…生産やシェアが高いほど成功しやすい業界(事業)分野
分散型事業…生存のためには規模の非拡大必須な業界(事業)分野
手詰まり型事業…他社との差別化も規模拡大も効果が発揮しにくい業界(事業)分野

エッジの効いたビジネスマンであれば、是非とも使い方や分類される4つの業界(事業)を覚え、仕事に活かしていきたいものです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る