「ビジネス・キャリア検定試験」…その難易度と合格率は?
1031 ❤

「ビジネス・キャリア検定試験」をご存知ですか?
デキるビジネスマンであれば、文字通り合格しておきたい検定試験の一つです。

そこで今回は「ビジネス・キャリア検定試験」の難易度と合格率に関してご紹介しましょう。


ビジネス・キャリア検定とは?


1124
仕事のできる人は、資格では測ることができない実力を兼ね備えている人が多く、後輩からも尊敬されていることが多いのですが、そういった仕事ができる実力者の真似をしようとしても、どのように真似をしていけばよいかわからないでしょう。

仕事ができる人の特徴としては、幅広い知識を持っており、その知識を使ってうまく仕事をこなしていることがわかります。
まず、仕事ができる憧れの先輩社員に近づくためには、ビジネスにおいて必要とされる知識をしっかりと身に付けることが必要でしょう。

ビジネス・キャリア検定では、ビジネスにおいて要求されるスキルを8分野39試験から自分で選んで受験することができる試験であり、職務で必要とされる遂行能力を身に付けながら勉強を進めることができるので、検定の試験を通じてビジネスにおいて必要な基礎知識を身に付けていくことができます。




Sponsored Links


ビジネス・キャリア検定の難易度


1127
この8分野39試験にわたるビジネス・キャリア検定は自分の得意としている分野を選んで挑戦することができるので、まず取り掛かりやすい分野の検定から勉強を進めていけば自信を身に付けることができるでしょう。

検定の難易度については、各受験する科目ごとに1級から3級とさらに基礎的なBASIC級に分かれているので、少しずつステップアップを図りながら勉強していくことができます。

検定合格を目標に少しずつ勉強を積み重ねていくことで、基礎から知識を積み上げていくことができ、1級を合格するころにはビジネスをするうえでかなりの知識を身に付けていることになるでしょう。

幅広くいろいろな分野の試験に挑戦してもよいし、自分のキャリアに応じて、一つの分野の難易度が高い級を上げていくのもよいでしょう。
継続的な試験勉強によって、自分のビジネスにおける到達度評価としてみることもできます。




Sponsored Links


ビジネス・キャリア検定試験の合格率


1126
ビジネス・キャリア検定試験の合格率については、受験する級の難易度によって異なっており、難易度が低い級のほうが合格率は高くなっています。
しかし、大体の人がある程度自分の実力を知ったうえでビジネス・キャリア検定試験を受験している人が多いので、極端に合格率が低くなっているような科目や級はあまりないようです。

試験の内容については、2級と3級が択一試験となっており、BASIC級については真偽法となっているので、想定問題集を使ってしっかりと対策を練っておけば、合格水準にたどり着くことができる人も多いでしょう。

ただし、1級については、論述式の試験が出題されるので、知識をしっかりと深く理解して回答していくことが必要とされるので、合格の難易度も高くなり、合格率もかなり低くなることが想定されるでしょう。

Sponsored Links

この記事の著者

mensedgeMEN’S EDGE編集部

MEN’S EDGE(メンズエッジ)は、「仕事や恋愛で他人と少しでも“差(エッジ)”をつけたい!」と考えるビジネスマンを全力で応援するメディアです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る