会社と家では別人…キャラ作りに疲れるサラリーマンの実情
827 ❤

会社にいるときの自分と家でいるときの自分…
また友人や彼女といるときの自分をイメージしてください。

あなたのキャラは同じでしょうか?
今回は会社と家では別人…
キャラ作りに疲れるサラリーマンが増えてるワケに関するお話です。


会社と家では別人になってしまう理由


1672
人はそれぞれ、他人とは違う個性を身につけています。
プラスマイナス関係なく、その人自身を表す一種のキャラです。

私たち人間は、常に自分という存在に振り回されて生きています。
それが最も現れるのは、家と会社です。

仕事をバリバリこなし、人当たりが良く周りからの人望が厚い人がいます。
けれど、家に帰ると無気力になりジャージ姿でくつろぐ人に変わります。

外と中では、驚くほど別人になる人がたくさんいます。
どうして別人になるのか、それは疲れるからです。

人間には二面性がある、常に完璧な人間など存在しないのが現実です。
外では良い人を演じても、家の中まで良い人を演じるのは面倒くさくなります。

一定の人間にだけ裏を見せ、誰もいない場所では表で生きる方がよほどラクです。
聖人君子のように振る舞うというのは、どこかで息抜きをしないとボロが出ます。
そのバランスを保つことが、社会で生き抜く人間の知恵とも考えられます。




Sponsored Links


会社で疲れるキャラ、疲れないキャラ


1550
私たちは働くために就職し、会社に勤めます。
良い人も悪い人もいる、未知の世界になります。

1つだけ言えるのは、自分には必ず役割という名のキャラクターがつけられます。
おっちょこちょいな人、元気がありすぎる人、どこか貫禄がある人など役割は様々です。

しかし、それが芝居なのか本物なのかは誰も分からないです。
本当の自分を隠し、アピールするための演技の可能性もあります。

職場において、疲れる疲れない存在がいます。
疲れる存在は、完璧主義者です。

企業戦士として一線で活躍し、期待の人間として一目置かれるようなタイプになります。
確かに組織としては申し分ないですが、周りは引け目を感じます。

完璧すぎる人間ほど、温度差が違い扱いが面倒になります。
疲れない存在は、仕事をそつなくこなす人です。

良くも悪くもなく、平均点をもらうタイプになります。
期待はしてないけど、いなくなると困る縁の下の力持ちな存在です。




Sponsored Links


会社でおすすめのキャラ


1499
組織勤めは、ある意味役割の宝庫です。
違う人間がいるからこそ、パズルのピースのように繋がっていきます。

けれど、できれば波風立てない存在でいたいのが本音です。
そんな人は、仕事をそつなくこなす人間になることをオススメします。

平均点を取れば、表立って文句は言われず責任感を背負うことが少なくなります。
仕事の手を緩めることではなく、周りと違う強みを1つ持つことが重要です。

どこにでもいる存在だけど、光る物があるので重宝されるタイプがベストになります。
完璧とは違い、部分部分で役立つので疲れることもないので気楽に過ごせます。

私たち社会人は、コインの表と裏です。
本当の自分と偽りの別人、その2つを上手く使い分けることが世渡りの秘訣になります。

それは良し悪しではなく、戦術です。
社会を生き抜くため、今日もどこかで工夫をしている人がいます。

Sponsored Links

この記事の著者

mensedgeMEN’S EDGE編集部

MEN’S EDGE(メンズエッジ)は、「仕事や恋愛で他人と少しでも“差(エッジ)”をつけたい!」と考えるビジネスマンを全力で応援するメディアです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る