他社の優れた点を参考にする「ベンチマーキング法」が必見!
448 ❤

「会社の経営がうまくいかない」
「事業がどうも伸びない」
「社員の管理がうまくいかないため、人の出入りが激しい」
など…
ビジネスに悩みはつきものです。

そんな問題を解決するのに有効な方法が「ベンチマーキング法」なのです。




Sponsored Links


ベンチマーキング法とは?


2031
「ベンチマーキング」とは、他社の経営や業務のもっとも優れた点(ベスト・プラクティス)を探して比較検討することを意味します。
他社の事例と自社の方法とのギャップを知り、そのギャップを埋めることで業務プロセスの変革を進める経営管理手法なのです。

一般に対象による区分と、焦点の当て方による区分がありますが、対象による区分は以下の4つです。

内部ベンチマーキング・・・企業内かグループ企業内で似通った性質の業務を比較分析して優れた点を導入
競合ベンチマーキング・・・競合する企業の業務を比較分析して優れた点を導入
機能ベンチマーキング・・・業界を越えて比較対象となる機能をもつ組織を分析して優れたものを導入
一般プロセス・ベンチマーキング・・・業界内外の革新的な業務プロセスをもつ企業を探し出して比較分析して優れた点を導入

一方で焦点の当て方による区分は2つあります。

戦略ベンチマーキング・・・製品やサービス、顧客サポート、目標設定などの戦略面で比較・分析するやり方
事業・業務執行ベンチマーキング・・・顧客の要求に応じるために、内部の業務執行方法を改善する目的で実施するもの




Sponsored Links


ベンチマーキングの実践方法


2030
ベンチマーキング法を実際に活用するために最初にやらなければならないことは、自分の会社の強みと弱みを徹底的に分析することです。
製品や事業を始め、社内のマネジメントまで含めて、洗いざらい分析します。
その上で最も効果的に業務を遂行できると思われるプロセスを選びましょう。

そして、その業務プロセスに関して、ベスト・プラクティスを持つ企業を探し出し、調査して対象企業を決定します。
その後、対象企業の業務プロセスに関する情報を収集し、自社のギャップを浮き彫りにします。
そうして実際にどうやって業務プロセスを改革していけば良いのかを探り、実践的にその方法に取り組んでいくのです。

ベンチマーキング法を成功させるためには、経営者の強力なリーダーシップや継続的な効果測定が必要です。
また対象とする企業はできる限り異業種を選んだ方が良いでしょう。

なぜなら同業他社を選ぶと、現実的には核心部分を気前よく教えてくれることは皆無だからです。
見せてくれるのは建物の立派さや設備の充実度、従業員の優秀さ、コンピューターシステムの完成度など…
肝心の業務プロセスに関するベスト・プラクティスについては「特別なことは何もやっていません」と答えられるのがオチだからです。

1:自社の現状分析
2:対象業務の選定
3:対象相手の選定
4:情報収集
5:差の分析
6:目標の設定
7:業務プロセスの改善
8:評価

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る