職場で部下の女性を好きになってしまったときには?
939 ❤

職場で男女の関係になってしまうことが多々あります。
さて、そんな中「職場で部下の女性を好きになってしまったときには?」…

職場で部下の女性を好きになった時のメリットとデメリットを考えてみましょう。




Sponsored Links


職場で部下の女性を好きになった時のメリット


2391
職場で部下の女性を好きになってしまった時のメリットは、立場をいかして上手く付き合うことができる可能性があるということです。
全く接点のない相手に好意を持ってその人をものにするというのはかなり至難の業であり、上手くいくのは奇跡的な可能性だといえます。

しかし、同じ会社で働いていて毎日顔を合わせる関係であればチャンスはいくらでもありますし上司であれば、相手を誘う口実というのはいくらでも作りやすいものですからやり方次第では全く接点のない相手をものにするよりもずっと簡単に恋愛仲になることも可能となります。
もちろん、簡単に上手く行くものでもありませんが恋愛をするには有利な状況であることには変わりありません。

そのため、よく考えて行動をすれば可能性は高いのではやらずに少しずつ距離を縮めていくのが大切です。
日頃から相手にある程度の信頼関係を寄せられているのであれば、なおさら相手をその気にさせるのもそれほど難しいものではないので好きな相手が同じ空間にいて常に接点があるというのは非情に大きなアドバンテージとなります。

更に状況によっては周囲の助けなども借りることができることもありますから、人望のある人ほど恋愛が成就しやすいものとなるのでメリットは大きいものといえるでしょう。




Sponsored Links


職場で部下の女性を好きになった時のデメリット


2354
部下を好きになった時のデメリットとしては、コミュニケーションを失敗すればセクハラ、パワハラとなってしまって大問題に発展してしまう可能性があるということです。

上司といったことは関係なしに一人の男性としてアプローチをしたとしても声をかけられた方としては、相手が好きでもなければ立場を活かした強要に感じられてしまうことがあります。

これも日頃の信頼関係が重要となるのですが、単純に職場の上司と部下という関係にしか思われていなければこのようなケースではパワハラやセクハラ問題に発展をしてしまうおそれがあるのでその点がデメリットと言えるでしょう。

そこまで行かないにしても上手く行かなかった時に噂が流れてしまうようなことがあれば、マイナスに働いてしまうことのほうが多いものですから仕事がしづらくなってしまうという大きなリスクを秘めたものとなってしまいます。

このような理由があることから、好きという気持ちがあってもそれを積極的に行動に移すことがしづらくなったり、行動に移すとかなり大きなリスクとなってしまう可能性があるというのはデメリットだといえるでしょう。

人を好きになることに理由はいりませんから、アプローチをかけるのは問題ありませんが上司という立場だとパワハラやセクハラという問題がつきまとってしまう可能性は覚えておかなければなりません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る