PLCとは?…製品寿命を管理するマーケティング戦略
719 ❤

どんな製品にも、当然ながら寿命があります。
永遠に売上が上がる製品はなく、いつかは衰退してしますのです。

その競争力がいつ尽きるのか?…
企業にとって、この見極めは非常に重要な判断の一つとなります。

その戦略を考える上でPLCは欠かせません。
デキるビジネスマンであれば、しっかりと学んでおきましょう。




Sponsored Links


PLCとは?


407
PLCとは「プロダクトライフサイクル」の略語となります。
PLCでは製品(単一製品ではなく、製品シリーズ)の寿命を4つのステージに分けています。
自社の製品が現在どの位置にいるかを見極め、各ステージの特徴を元に具体的な対策を考えます。

第1ステージ:導入期(認知が重要)

製品が初登場し、消費者に認知されていくステージです。
宣伝やキャンペーンなどのプロモーション活動、流通への働きかけなどで認知度の向上が優先事項になります。

第2ステージ:成長期(売上アップ+競合登場)

市場で認知され、売上も成長するステージです。
成功を見て参入する他社も登場します。
後追い製品を迎撃するため、営業力の強化や戦略の再構築などの対策が必要です。

第3ステージ:成塾期(成長鈍化で競争は激化)

需要が落ち着き、売上の伸びが鈍化するステージです。
新規の参入も減り、販売は安定しますが、その一方で価格競争が始まり、シェアの奪い合いも激化します。

第4ステージ:衰退期(製品の晩年、撤退検討)

人気も販売も低落するステージです。
開発費や販促費は抑えられますが、製品寿命の晩年に入ったことで、新ジャンルへの投入または撤退の決断をする時期です。




Sponsored Links


PLC(プロダクトライフサイクル)とマーケティング戦略


000006
PLCでは製品を長期にわたって販売を目的とする場合に、導入期や成長期、成塾期や衰退期の観点から分析することで、長期戦略の立案に大いに役立ちます。
そして製品の寿命時期と、どこに収益のピークをもっていくかを策定する時に活用します。

PLCは典型的な製品寿命を分類したもので、あてはまらない場合もあります。
大ブームとなり莫大な売上を得たものの、短期間で終息してしまう一発屋型がその」一例です。

またその他にも波がありつつも、一定のサイクルで人気が再燃しながら、寿命が続くサイクル型や、売上や人気はそう高くないが、定着して長期間販売が継続される持続型などがあります。
製品の特徴を考え、PLCにあてはまるかを判断していきます。

Sponsored Links

この記事の著者

mensedgeMEN’S EDGE編集部

MEN’S EDGE(メンズエッジ)は、「仕事や恋愛で他人と少しでも“差(エッジ)”をつけたい!」と考えるビジネスマンを全力で応援するメディアです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る