職場で「好かれる人」・「嫌われる人」の決定的な違いとは?
1504 ❤

あなたは職場で好かれていますか?…
それとも嫌われていますか?…
突然こんなことを聞かれても困ってしまうでしょうが、これはとても大事なことなのです。

もちろんほとんどの人が皆から「好かれる人」になりたいと感じているはずです。
では、そんな職場で「好かれる人」・「嫌われる人」の決定的な違いとは一体どんなものなのでしょうか?
一緒に考えてみましょう。


職場で「好かれる人」の特徴


2343
職場で好かれる人は周りへの気配りが上手です。
人間関係において相手を不快にさせないことが何より大切です。

まず人を見て態度を変えません。
例えば事務員であろうと社長であろうと、また社員やパート、アルバイトであっても…
口調は違っても冷たい態度をとったりないがしろにすることがありません。

会社に出入りする人に対しても同じです。
荷物を運んでくれる運送屋さん、マットのリース屋さん、ドリンクを営業に来る人などにも誠実に対応しているものです。

また人が嫌がることを率先してできることも好かれる人の特徴ですね。
面倒で誰もやりたがらない雑務や、落ちているゴミを拾ったりと些細なことでも積極的にできる人は好かれるでしょう。

特に男性の場合は知識が豊富であることもポイントです。
仕事に関してはもちろんそうでないプライベートな質問にも滞りなく答えてくれる深遠な知識は信頼に値します。

もちろんポジティブシンキングも大事です。
ピンチに陥った時や失敗してしまった時にこんな人がいると、職場の空気は一気に柔らかくなります。
簡単なようでなかなかできることではないことなので、そんなことができる人が一人でもいるととても重宝されるでしょう。

言いにくいことを言ってくれる社員にもあらゆる意味で助けられます。
上司や会社に対して働いている人の思いを正確に代弁してくれれば働きやすい環境になります。
これは会社からの評価が下がることを恐れている社員にはできないことです。
それだけの発言権と自信を普段から培っているとも言えるのです。




Sponsored Links


職場で「嫌われる人」の特徴


2340
さて職場では逆に嫌われる人がどうしてもいます…
まず雰囲気が暗い人は嫌われる傾向があります。
あまり喋らず何を考えているのかわからない人はいちいち機嫌をうかがうのも面倒ですし場の空気も悪くなってしまいまうからです。

また責任を取ろうとしないのも嫌われる人の特徴です。
仕事を進めていく上で何とか自分に責任が来ないようにということばかりを考えている人がいます。

こんな人はみんなから尊敬されませんし、一緒に仕事をするのが嫌になるでしょう。
男なら「この件に関しては自分に任せておけ!」というくらいの気概が欲しいものです。

続いて臭いがきつい人も嫌がられます…
スメハラ(スメルハラスメント)という言葉があるほど、今の現代では臭い人に対して敏感なのです。
もちろん確かに体臭はしょうがない部分がありますが…
一方で過剰な香水の香りや汗の臭いはケアできるものなので周りへの気遣いとして気をつけなければなりません。

そして人の話を聞かない人も嫌われます。
自分の意見に固執し他の意見を排除するような人には、何を言っても無駄という意識にさせられてしまうからです。

会議などで意思統一をしなければならない場面で、自分の意見を持っているのはとても大事なことです…
しかし他の人の意見を聞いて取り入れたり考えを少しアレンジできない人がいると滞り話が前に進みません。
これははっきり言って迷惑です。
合わせて考え方に柔軟性がないと嫌われます。




Sponsored Links


まとめ


2342
実は好かれる人と嫌われる人は、それぞれが裏返しのような関係でもあります。
たとえば、あまりはしゃぎ過ぎてうるさい人は嫌われてしまいますが、黙りこくって何も話さないような人は暗くて陰気だと嫌われます。

その場合は明るい人だけど、やる時は黙って黙々と仕事をする…
そんなバランスのとれた人が求められるのです。

しかし「これをやったら嫌われる」というものはありますが、「これをやれば必ず好かれる」というものもないので、その点は注意しましょう。
イケメンが黙っていたらクールに見えますが、そうでない人が黙っていればただの根暗です。

大事なことは「相手にどう取られるか?」をしっかりと考えた行動をすることなのです。
もちろん社会人にもなって、そのことがわからないワケではいと思いますが、もし職場の人間関係がどうしても上手くいかないと感じるようであれば、人の反応や自分のこれまでを見直してみることです。
ひょっとすると、そこには「好かれる人」・「嫌われる人」の特徴において、何か誤解が生まれているのかもしれません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る