会議を効率的に…3S(スリーエス)会議で生産的な会議を実行せよ!
584 ❤

会議の役割と意義を見い出したい時…
また会議で時間の有効活用を意識したい時…
そんな時は生産的な会議スタイル「3S(スリーエス)会議」を試みましょう。


3S(スリーエス)会議とは?


1672
3S(スリーエス)会議とは、新しい生産的な会議スタイルのことです。
3Sの意味は…
少人数(Small numbers)
短時間(Short Time)
立ったまま(Standing)
で、従来のスタイルとは大きく異なる効率的な会議形式のことを言います。




Sponsored Links


3S(スリーエス)会議のメリット


1799
ある統計によると、一般的な企業での会議の時間は全業務時間の約15%前後を占め、会議に要する時間の長さとその短縮が課題となっています。
それほど多い会議時間にも関わらず、目的の面で効果が今一つで、アイデア出しがあまり上手くいっていないケースも少なくありません。
さらに会議に長時間拘束されるため、集中力が低下するといった問題もあります。

3S(スリーエス)会議では、参加者を少人数(3名程度)として、1回15~30分程度の短時間に限定…
さらに着席してではなく、ホワイトボードの前で全員立ったまま行うスタイルです。

少人数のため、非アクティブな参加者はなくなり、また短時間のために集中力が切れにくく、労働時間の短縮にも好影響を与えてくれます。
ホワイトボードの前で行うため、図解や図示を行うやすく、情報をビジュアル化して共有できるのもメリットです。

会議内容の密度も高まり、ホワイトボードを活用できる人が増えることで、アイデア出しや情報の共有がさらに活発化します。




Sponsored Links


3S(スリーエス)会議


1798
少人数、短時間、立式で行う会議のことです。
従来の会議スタイルで問題だった多人数ゆえの意思の散逸や議論密度の低下、労働時間の増加や疲労の蓄積、集中力の欠如などが一気に解決できます。

Small numbers(スモール ナンバーズ)
少人数でやることが前提です。
会議のテーマに対して実務的で建設的な意見の言える2,3人が参加するスタイルです。

Short Time(ショート タイム)
短時間でやることが前提です。
会議のテーマは一度に一つ…
15~30分程度で議論します。

Standing(スタンディング)
ホワイトボードの前で全員が立ったまま会議をします。
言葉だけではなく、図解で話を広げて情報を共有します。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る