職場の同僚が「ネットワークビジネス」を勧誘してきたら?
717 ❤

ニュースキンやアムウェイ、ニューウェイズなどなど、日本には多くのネットワークビジネスが存在します。
もちろんネットワークビジネスをとやかく言うつもりはありません。

しかしネットワークビジネスが苦手な人も多いはず…
そこで職場の同僚が「ネットワークビジネス」を勧誘してきたら?…
そんな時の対策を考えてみましょう。


勧誘された時の対策「聞こえないフリをする」


2317
職場で同僚からネットワークビジネスに勧誘してきた場合、興味があれば良いのですが大半は興味が無いばかりか関わりたくないと思うことが大半です。

このようなものは大概がリスクばかりが大きくて見返りが期待できないようなものばかりですから、話を聞くだけ無駄という事が少なくありません。
しかし、下手に断れば角がたって仕事がしづらくなってしまいますから困ってしまうものです。

そこでそのような時のひとつの対処法として、聞こえないフリをしてその場を流すというものがあります。
話を聞いていないわけですから断って角が立つということもなく、ビジネスに乗っかかるということもなく平穏無事にその場をやり過ごすことができます。

ただし、このやり方は一対一で話しかけられたりしては聞こえないフリをするのも難しいものとなってしまいます。




Sponsored Links


勧誘された時の対策「逆に自分のおすすめの品を全力で薦める」


2316
相手の話を聞こえないフリをすることができない場合には、逆におすすめの商品やビジネスなどを相手に薦めてみるというのも対処法としては面白いものです。

これはもちろん本気で相手を誘い込もうとしているのではなく、暗に相手のしていることはこのようなことだということをしらしめるためのものですから、相手がそれで断ってくれれば目的は達成となります。

相手としても自分が断っていながら、ネットワークビジネスは勧めるということはしづらいものですからこれで話が終わる可能性は高いものです。

しかし、この方法の大きな問題点として予想外に相手が話に乗ってきてしまった場合、適当の薦めたものの場合だとその後の話が余計に面倒なことになってしまうことがありますから、藪をつついて蛇を出すことになってしまいかねません。




Sponsored Links


勧誘された時の対策「キッパリ断る」


2319
余程魅力的な話である、最初から興味があったという場合でなければこのようなケースではキッパリ断ることが一番良い方法となります。

変に期待を持たせてしまってはいつか断り切ることができなくなってしまって、嫌々ながら受け入れることになってしまうということもありますし、中途半端なことをして人間関係が悪くなってしまうといこともあります。

それならば最初の時点でこの手の勧誘はどのような内容であっても乗らないという姿勢を示すことによって話はそれで終わりますから、乗り気でないなら断るのが一番です。

このようなお金に関わることというのは曖昧な態度をとっていると余計に話がこじれてしまう可能性のほうが高いものなので、断るのも嫌だなと思うかもしれませんがキッパリ断ってしまったほうが結果的には楽になります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る