30代男性が転職で失敗しないための「3つの成功法則」
390 ❤

30代男性が転職するのには大きな決断が必要です。

職種や業種は?
給料やボーナスは?
有給や福利厚生は?
その他にも人間関係や社風など…

ここで失敗はできません。
そこで何とか転職を成功させるための「3つの成功法則」について考えてみましょう。


30代男性が転職を成功する方法その1「勢いではなく時間をかけて準備する」


1611
30代男性が転職で失敗しないためには時代の変化を読み、これから伸びていく業種や組織を時間をかけて見極めることです。
その時代に必要とされる業種や組織は常に変化しています。

現在、就職活動中の黒っぽい服で身を固めた学生が、会社説明会で行列を作るような組織が、近い将来衰退に向かうことは、容易に想像ができます。
そのような組織に入ることができても成功ではなく失敗です。

いつの時代でも新しい業種や組織は小さな規模から始まります。
自分が起業して始める場合もあるでしょう。

将来発展する組織は現在どんない大きくても中小企業の域を出ていないはずです。
将来発展する業種や組織を見つけることができるかどうかが成功を決めます。

将来を予測することは勢いではできません。
冷静な目で見極める必要があります。




Sponsored Links


30代男性が転職を成功する方法その2「今までの職務経験を活かす」


1612
どの業種や組織に移るにしても今までの職務経験は生きてきます。
さらに、自分のルーツである親や祖父の職能も遺伝子として受け継いでいるはずです。

職を変える場合は自分は何者なのかを見極める必要があります。
今、働いている組織に何らかの問題を感じる場合は、多くは自分自身に問題があるのではなく、その組織に問題があります。

石の上にも3年とは、自分の信念で選んだ職種において通用する言葉です。
人間の命は思ったよりも短く、若い時期は二度とありません。

今いる組織に疑問を感じたら、躊躇なく辞表を書くべきです。
次の働き先を見つけてから辞表を出すようではタイミングを逃してしまいます。
特に団塊の世代と言われる昭和20年代前半生まれの人間が実権を握っているような組織は、多くの場合、古いイデオロギーに染まっているので将来性はありません。

今の自分に何ができるのか?
今までどんなことをして来たのか?
その事を細かくいくつも書き出して、転職先と自分の職務経験とを照らし合わせるのです。




Sponsored Links


30代男性が転職を成功する方法その3「転職の目的がハッキリさせる」


1609
30歳を超えると、世の中の仕組みがわかってきます。
30歳を過ぎてからが本当の職業を選ぶ好機です。

仕事を変える場合は目的をはっきりさせる必要があります。
目的をはっきりさせないと、失敗してしまうことが多いからです。時代は急激に変化しています。

しかし日本には古い価値観を持った人間が未だに社会の実権を握っています。
新しい芽はいたるところで育っています。

すでに、たった一人で、或は数人で事業を始めている組織もたくさんあります。
30歳を過ぎてから職場や職業を変える場合は、逆戻りは許されません。

就職活動中の学生が列を作るような会社に入ったのでは未来はありません。
30歳を過ぎた大人が目指すのは、将来発展する業種や組織です。
そのような業種や組織はすでに日本の中で動いています。

キャリアアップ、収入アップなど今回の転職にどのような目的があるのか?…
この点をしっかりと検討した上で、業種や組織を選ぶ必要があるのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る