「解雇されそう」…そう感じた時に必ずやるべき事とは?!
371 ❤

ビジネスマンにはあってはならないことですが…
もし、あなたが「解雇されそう」…という状況になったどうしますか?

「終身雇用」という言葉が遠い過去の言葉となった現在…
決して、対岸の火事ではないのです。


解雇される理由


2276
日本では労働者の権利が非情に強いものですから、簡単に解雇をされるということはありませんがそれでも問題がある社員だとされれば何時首を切られても不思議ではありません。

解雇される理由というのはいくつかありますが、成果を上げることができない、勤怠状況が非情に悪い、会社に対して損害を与えるようなことをした、犯罪行為に手を染めた、会社の業績が悪く人員整理を行わなければならない状態になったといったものが考えられます。

解雇されそうになったという時にはある程度その動きというのがわかるものですから、どのような理由に当たるのかということを明確にして仕事を失ってしまう前に何とかするようにしましょう。

今の日本というのは一度職を失ってしまうと再度正規雇用として働くのが非情に厳しい世の中となっていますから、必死になって正社員の座にはしがみつかなければなりません。




Sponsored Links


解雇されそうなときにやるべきこと1「涙を流しながら土下座」


2279
解雇されそうになった時にやるべきことのひとつとして、涙を流しながらの土下座があります。
謝罪をしたからといって許されるほど会社は甘いものではないように思われますが、最終的に首にするかどうかを決めるのは人間でありそこには感情というものが入り込んできます。

そのため、泣き落としをすればひとまずは首になることを避けることができる可能性は高く、なんとか首の皮がつながることがあるので頭を下げて損はありません。

土下座をするのはプライドが許さないと思うかもしれませんが、仕事を失ってしまえばそれこそ新しい職場には土下座をしても入れてもらうことができないということはごく普通にありえることです。
後々無駄な頭を下げることになるよりは、正社員という座を失わないためにも泣いて土下座をするのは十分に価値のある行為となります。




Sponsored Links


解雇されそうなときにやるべきこと2「成果を上げる」


2280
いくら頭を下げても不況の今の時代では企業としても役に立たない社員に対して無駄飯を食わせる余裕はありませんから、一時的にはなんとか首がつながっても依然として危険な状態には変わりありません。
そのため、解雇されそうになった時にやるべきことはとにかく成果を上げる事以外にほかないのです。

企業というのはお金を稼ぐために事業をしているわけですから、多少問題がある社員であっても成果を上げているのであれば目をつぶるものです。
しかし、成果も上げなければ勤務態度も悪いとなれば整理対象にしかなりませんから、とにかく荘のような状況を脱するためには成果を上げるより仕方ないのです。

有無を言わせないほどの成果を上げることができれば、いきなり解雇されてしまうということはありませんから成果を上げることこそが解雇を避けるに最上の方法となります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る