マーケットセグメンテーションの4つの軸で市場を細分化せよ!
820 ❤

自社の特性や強みを理解してくれる層を探したいとき…
また従来までの顧客層について、再度点検したいとき…
そんなときには「マーケットセグメンテーション」を取り入れると便利です。

エッジの効いたビジネスマンならば、この「マーケットセグメンテーション」に関してはマスターしておきたいものです。




Sponsored Links


マーケットセグメンテーションとは?


1488
マーケットセグメンテーションとは市場細分化という意味で、製品を投入する前にどのような顧客層にアピールするのかを分析して、主要な顧客層を絞り込むフレームワークのことです。

現在、様々なニーズに細分化されている市場において、例えば「若い男性層」という大枠でターゲティングした製品やプロモーションではあまり成功しないと言われています。

それよりも、より明確なターゲット層を設定するために顧客をいくつかの尺度で細分化(セグメンテーション)する必要があるのです。
この場合、「若い男性層」というだけではなく、「30代サラリーマン」、「大学生」など、より詳細な細分化(セグメンテーション)を行うことで、よりニーズにマッチした製品やサービスを提供できるのです。




Sponsored Links


マーケットセグメンテーションの4つの軸


1489
マーケットセグメンテーションの一般的な尺度としては、下記のようなものがあります。
➀人口統計的区分・・・年齢、収入、家族構成、職業、性別など
➁地理的区分・・・国、地域、気候など
➂心理的区分・・・性格やライフスタイルなど
➃行動的区分・・・購買頻度や使用頻度など

同年代でも職業や学歴、出身地域の違いがあれば市場に影響するので、丁寧な細分化(セグメンテーション)が必要なのです。
細分化した中から、「都心に住む、30代の、アクティブな、既婚の、男性」といったように具体的な顧客層(セグメント)を考えます。

精密にセグメンテーションするほど、より顧客層に届きやすいマーケティングが可能になります。
しかし顧客層を考える際に最も重要なのは、自社の強みに合っているかどうかです。

細分化(セグメンテーション)の尺度と区分は難しく、ターゲティングにも影響を及ぼすために、セグメンテーションの基準は常に見直しが必要なのです。

6546556

顧客層を絞り込むにあたっては、年齢や性別、収入や居住地域などの一般的な区分は当然のこと、趣味や行動パターン、性格など多様な分類が必要なのです。
ただし、重要なのは自社にとって魅力的な層の発見と自社が優位になる層の特定なのです。

顧客層を絞り込むためには、多様な尺度での細分化が必要です。
自社にとって魅力的な層や、自社が優位になる層が重要になってくるのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る