子供の出産・誕生は上司にどう報告すべき?大人のビジネスマナー
380 ❤

子供の出産や誕生…
とても喜ばしい日です。

親としても是非ともお祝いしたい日になります。
が、しかし、ビジネスマンとして、このことは上司にどう報告すべきなのでしょうか?


子供の出産・誕生は上司に報告すべきなの?


2921
子供が産まる、産まれたことは人生最大の出来事と言っても過言ではないかもしれません。
女性は産休をとる必要があるため、妊娠が発覚したら早めに職場に相談をしなければいけませんが、男性は育休をとることは少ないので、職場に報告すべきかどうか、伝えるならば、どのタイミングで誰に一番に伝えれば良いのか迷ってしまうという方も多いのではないでしょうか。

とは言え、何も伝えていなければ、妻が妊娠中に万一のことがありすぐに帰宅しなければいけないような状態になってしまったときに対応できない場合もあります。

早めに伝えていれば職場でも配慮してもらうことができるかもしれないので、妻の妊娠が発覚したら早めにそのことを伝えておいたほうがよいでしょう。
また、子どもが誕生すると保険や福利厚生などの変更手続きが必要になるので必ず伝えなければいけません。




Sponsored Links


上司に子供の出産・誕生の報告をする方法(メール編)


2619
上司に子どもが産まれることを伝えたいけれど、お互い忙しくてタイミングが良い時間を見つけることができないという方も多いのではないでしょうか。
忙しいときに子どもが産まれることを伝えに行くと、こんな忙しいときになんでと思われてしまいます。

悪い印象が残ってしまうこともあるので注意が必要です。
お互い忙しく良いタイミングを見つけることができないうときは、メールを利用してみてはいかがでしょうか。

子どもが産まれることをメールで報告すると失礼なのではないかと思う方もいるようですが、忙しいときにわざわざ時間をとってもらい伝えに行くほうがかえって失礼になることがあります。

メールで伝えるときは、相手も忙しいので時間をとらせることがないようにと断っておくと良いでしょう。
また、出産予定日や妊娠期間なども簡潔に伝えるということが重要です。




Sponsored Links


上司に子供の出産・誕生の報告をする方法(口頭編)


2919
上司に子どもが産まれることを伝えに行くのは、もちろん口頭が一番です。
口頭で伝えに行くときは、忙しい時間は避け、落ち着いて話ができる時間や場所を選んで伝えましょう。

中には、仲の同僚に真っ先に伝えてしまったという方もいるようですが、会社で話をするときは、まず上か順に話をしていくほうが良いので、うっかり同僚に先に伝えてしまったというときは、他の人に話が漏れることがないよう同僚に口止めをして、上に伝えてしまってから全員に子どもが産まれることを伝えましょう。

上の人の中には、同僚に先に伝えたことを面白くないと思う人もいるので話をする順番は守るようにしましょう。
顔を見ながら口頭で伝えると、出産祝いをもらうことができたり、休暇を配慮してもらうことができるなど、何かしら良いことがついてくるかもしれません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る