「5F分析」の目的とやり方を学び業界を把握せよ!
419 ❤

ビジネスの世界において、自分たちがビジネスする…
自分たちが戦う「業界」については、しっかりと把握しておかなければなりません。

特に新規ビジネスやサービスをスタートさせるときには、「業界」のことをしっかりと下調べしなければなりません。

そこで、業界を基準とした外部環境を分析したいとき…
また競争が少ない「おいしい」業界を見つけたいとき…
「5F分析」で判定しましょう。




Sponsored Links


「5F分析」の目的とやり方


1702
5F(Five Forces)分析は、マイケル·E·ポーターが示した、企業を取り巻く業界構造を把握するためのフレームワークのことです。
業界内に存在する5つの圧力を強・中・弱で判定し、業界内の脅威や競争を分析していくものです。

第1の圧力:業界への新規参入者の脅威
新規参入が容易な業界であれば、シェア競争が激しくなり、収益を圧迫される危険性があります。

第2の圧力:業界への代替製品の脅威
販売製品に対して、用途が代替できるものが存在すれば、販売価格が抑制される危険性があります。

第3の圧力:仕入先の交渉力
原材料等の仕入先が供給量を調整でき、自社以外に有力顧客を持っている場合、自社を上回る交渉力を有することにより、仕入額が高騰する危険性があります。

第4の圧力:買い手(顧客)の交渉力
供給過剰や、自社製品が不人気の場合、買い手が優位な立場で販売価格を主導する傾向があります。

第5の圧力:同業他社との競合
価格、製造、広告などの全分野で競争が行われ、結果として自社の収益が減少する危険性があります。

「5F分析」は5つの脅威や競争要因を分析し、その強析しその強弱を評価することで、他社や業界内の圧力が低く、競争が少ない「おいしい」業界を見つけることができます。




Sponsored Links


5F分析で業界の「おいしさ」を比較せよ!


「5F分析」を使う場合、一つの業界よりも複数の業界を分析精査することで、「おいしい」業界を判定できるのです。
2436

「5F分析」は新規ビジネスの構想を練る際、業界選定に役立ちます。
また業界における自社の立場や外部環境について把握しやすくなるのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る