「朝礼スピーチ」を緊張しないで話すための3つの秘策
417 ❤

毎朝、朝礼のある会社も少なくないでしょう。
中には「朝礼スピーチ」を行うところも…

ただ、「朝礼スピーチ」はとても緊張しますよね?
そこで、ここでは「朝礼スピーチ」を緊張しないで話すための3つの秘策についてお話しましょう。


緊張しないで話す方法「何度も練習」


3073
会社で朝礼スピーチをすることになったらどうしても緊張をしてしまうものですが、克服をするためには何度も練習あるのみです。
上手く話すことができないのではないかということが、緊張してしまう大きな理由となるわけですから練習を積んでおけばそれが自信となって本番でも上手くいくものです。

ぶっつけ本番となると上手くいくかどうかもわかりませんから不安になってしまうものですが、しっかり練習をしておけば練習では上手く言ったという実績があるだけで、本番でも上手く行きやすいものとなります。

結婚式などと違って会社の朝礼ですから、普段から練習さえしておけば本番もそれほど大変なものではないので、自信がつくまで練習をしてみるようにしましょう。
これをするだけでも緊張しないでスピーチをすることができるものですから、簡単で効果的な方法となります。




Sponsored Links


緊張しないで話す方法「大きな声を出す」


3075
緊張しないで朝礼のスピーチをするのであれば、大きな声を出すという方法もあります。
大きな声を出せば緊張も解けるので、その後はスムーズに話すことができます。

会社の中では大きな声を出すというのはそれはそれで恥ずかしく思ってしまうかもしれませんが、全体に声を届かせるのであれば大きな声で話す必要があるわけですから、少し大きめかなというボリュームで話してみると良いでしょう。
そうすれば不安もどこかに吹き飛んでしまうので、試してみる価値は高いものです。

大きな声を出すこと自体に抵抗があるというのであれば、カラオケなどを利用して日頃から大きな声を出す機会を作ってみるというのも効果的な方法になります。
カラオケであれば大きな声を出しても迷惑になりませんし、ついでにスピーチの練習もすることができますので最適なものなります。




Sponsored Links


緊張しないで話す方法「日ごろから人前で話すことを慣れておく」


3074
緊張してしまう理由としては人前で話す機会が乏しいからというものがありますから、人前で話す機会を作ってみるというのも良いでしょう。
大勢の人の前で話すチャンスというのはなかなかないものですから、最初は少人数から人前で話すようにしてみるというのも手となります。

少人数だと意味が無いと思うかもしれませんが、結局のところ人数がどれだけ増えてもやることは同じなわけですから少しずつ慣れていくことによって苦手意識を克服することができます。

少人数相手にスピーチの練習をさせてもらうというのも効果的なものであり、一人で練習をするよりは少人数でも周りにいたほうがより実践に近いものとなりますから、人前で話す練習を同僚などにお願いをして行い話すことに対して慣れてみるというのも試してみるのはどうでしょうか。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る