隣に座る会社の上司の口臭がきつい…そんな時の3つの対策
556 ❤

会社では上司との打ち合わせやコミュニケーションは欠かせません。
しかし、一つ悩みが…

それは、その上司の「口臭がきつい」ということ。
最近の言葉で言えばスメルハラスメント(スメハラ)ですね。

そこで、ここでは隣に座る会社の上司の口臭がきつい…
そんな時の3つの対策をご紹介しておきましょう。


上司の口臭対策「マスクをつける」


3059
上司の口臭がきつい場合にはそれを指摘するのも難しいものですし、席が隣なら指摘もできず臭いもきつく仕事が嫌になってしまいます。
席が隣だからと言って勝手に変えるということもできませんので、何か別の方法で対策をしなければなりません。

それならばマスクをして、臭いを防ぐというのも良いでしょう。
この方法であれば席を移動することなく、臭いも防ぐことができるので便利です。

最近は感染症予防のためにマスクを付けるというのもおかしな話ではなくなってきましたから、相手に余計なことを考えさせずに匂いを防ぐことができるのでマスクを付けて問題がないのであればマスクを付けるというのは効果的です。

ただし、会社の人間だけと対応するわけではない窓口の仕事のような場合には難しいこともありますから、誰でもできる方法ではないのでその点が難しいところとなってしまいます。




Sponsored Links


上司の口臭対策「当回しに口臭対策の話をする」


3057
直接、口臭がきついということを伝えるのは誰であっても難しいものですし、特に上司ともなれば余計に伝えづらいものですが、そのような時には遠回しに口臭対策の話をしてみるというのも良いでしょう。

歯医者に行った時に臭いのケアの話を受けたという話題を振ってみたり、電車の中で口臭がきつい人が隣りに座ってきつかったといった話題を降って案に臭いがするということを伝えるのです。

直接伝えるよりも角が立ちませんし、それに気付いてくれれば傷つけることなく臭いをどうにかしてくれるので会社に居づらくなってしまうということもありません。

遠回しに言って気付いてもらえない場合には、どうすることもできませんが察しのいい人であれば普通は気付くものとなっていますから、まずは遠回しに話題に出してみるというのも試してみる価値はあります。




Sponsored Links


上司の口臭対策「ガムをあげる」


3056
ガムをあげることで臭いを誤魔化す効果を期待できるため、ブレスケア効果のあるガムなどをあげるというのも良いでしょう。
何の脈絡もなしにいきなりあげるのは当てつけのようになってしまいますから、ガムを噛むと脳が刺激されて仕事が捗るといった話題を出しながら渡してみるのが効果的です。

受け取って噛んでくれればしめたもので臭いで、悩まされるということがなくなります。
しかし、問題は相手がガムが嫌いだったり厳しい会社の場合にはガムを噛みながら仕事をすることが許されないということがありますから、そのような時には使うことができない手となってしまいます。

そのため、どのような方法を試すにしても上手く行かないというのであれば、更に上の人間に対して口臭がきついので仕事がしづらいということを進言してみるのも良いのではないでしょうか。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る