会社の後輩がマジで嫌いすぎる…そんな時はこう考えるべし
912 ❤

仕事の善し悪しを左右する上で、人間関係は重要なポイントです。
人間関係が良ければ、成果を残せたり、働くことも楽しくなります。

一方でどうしても人間関係が悪いと、成果も残せずに仕事も楽しくなくなってしまうでしょう。
中でも今回は、「会社の後輩がマジで嫌いすぎる」…
そう感じたときに最適な考え方について学んでおきましょう。


考え方その1「成長の糧だと考える」


a1
会社には一人や二人ぐらい嫌いな人がいるものですが、嫌いすぎる後輩がいる場合にはそれを成長の糧として人付き合いの練習としてみるのも良いでしょう。
社会では嫌な相手ともコミュニケーションを取らなければならないわけですから、嫌いすぎる後輩は嫌いな相手との付き合い方を考える練習にもってこいです。
仮にも立場が自分よりも下なわけですから、取引先と違って過度に相手のことを気を使う必要はありませんし相手の機嫌を損ねるような接し方をしてしまったとしてもそれが大きな問題となるようなこともありません。
そのため、嫌な相手と接するための練習相手として利用してみるのが良いでしょう。
社会にはもっと理不尽なことや嫌な相手というのが多いものですから、会社内でしかも自分に大きな影響を与えるわけではない相手であれば、成長の糧として付き合っていくのがひとつの方法となります。




Sponsored Links


考え方その2「利用するだけ利用する」


3097
嫌いな相手に足を引っ張られて仕事がうまくかなくなるほど馬鹿らしいことはありませんから、そのような時には相手を利用するだけ利用してしまうというのもひとつの手になります。
好きではない相手なわけですから、多少過度の要求であってもすることができるので嫌いすぎるのであればそれを上手いこと利用して良いように扱ってしまいましょう。
嫌な相手であったとしても仕事で役に立ってくれるのであれば、便利な存在に見えてきますし会社では後輩が好きだとか好きでないとか言っていることができませんから、嫌いすぎる相手に足を引っ張られて評価を下げるよりは良いように利用をしてしまったほうが賢い選択だといえます。
良いように利用をして、相手から嫌われるようなことがあったとしても元々自分が好きな相手ではないわけですあら、このような自体になってもそれほど問題となるわけではありません。




Sponsored Links


考え方その3「次回のための訓練」


3099
嫌いな後輩がいるのにしても、それは訓練だと思って耐えるという方法もあります。
上司と相性が合わないというよりはずっとマシなものですから、会社内での人間関係を鍛えるための材料だと考えてしまうのも良いでしょう。

相手を自分よりも下の人間だと思わずに、上司だとしたらあるいは対等の立場であったらどのようにして付き合っていけば良いのかということを練習する相手としては格好です。
そこで訓練をしておけば仕事でどうしても仲良くしなければならない相手と接することになったときにも、上手く対応をすることができます。

後輩であれば多少粗相をしたとしても許されるものですから、その利点を最大限に活かして訓練に利用してしまうというのが良いでしょう。
付き合いを避けることができない以上は、訓練のための相手だと考えると気が楽になるものです。
次回に活かすために、ここで色々と試しておきましょう。

Sponsored Links

この記事の著者

mensedgeMEN’S EDGE編集部

MEN’S EDGE(メンズエッジ)は、「仕事や恋愛で他人と少しでも“差(エッジ)”をつけたい!」と考えるビジネスマンを全力で応援するメディアです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る