「お年始回り」と「おとし玉をあげる年齢」について考えた件
321 ❤

日頃、お世話になっている上司や恩師…
そんな人には新年を迎えたときに「お年始回り」をしたりします。

また、その家に子供がいればおとし玉をあげることになるでしょう…
では、その際におとし玉をあげる年齢はいくつくらいなのでしょうか?




Sponsored Links


お年始回りは松の内までに


3137
新しい年を迎えたときには、「お年始回り」をしてお世話になっている人へ新年の挨拶をする習慣があります。
最近では、お正月休みは家族とゆっくり過ごすケースが増えて、お年始回りをする機会も減っているようですが、お年始回りをするのは、仕事関係の上司や、仲人、実家、お世話になっている人や親しくつき合っている親戚などが一般的です。

お年始回りは元日を避けて二日以降、七日までの松の内にうかがいましょう。
お歳暮を贈っている場合は手ぶらでもかまいませんが、タオルや手ぬぐい、菓子類などを持参します。
先方の家に子どもがいれば「お年玉」も用意します。




Sponsored Links


おとし玉をあげる年齢


3136
お年玉をあげるのは基本的には、小学生までと言われています。
しかし最近では、4~5五歳から中高生にもあげるケースも増えているようです。

まだお金の価値がよくわからないような幼い子どもや、大学生には不要とされていますが、親しいお付き合いをしている間柄なら、年齢にはこだわらなくてもいいかもしれません。
金額についても決まりはありませんが、子どもの教育面も考えて、多額のお年玉は控えたほうがいいでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る