職場のコミュニケーション活性化する3つの改善策は必見!
397 ❤

仕事で成果をあげるにはチームワークが大切です。
一人ではできないことも、このチームワークがあれば大抵のことは乗り切ることができるからです。

さて、そんなチームワークを高めるには、職場のコミュニケーションを活性化が重要だと言えるでしょう。
ここでは、その職場のコミュニケーション活性化する3つの改善策についてご紹介しましょう。


職場のコミュニケーション活性化策その1「飲みにケーション」


2459
同僚とお酒を飲んで仲を深める「飲みにケーション」は良い方法です。普段は距離を感じている同僚であっても、お酒の力を借りればお互いに率直な意見を伝えることができるようになります。
お酒が入ると人は饒舌になり、普段は遠慮して言えないことでもすらすらと口から出てくるようになります。

これまで仕事に必要な会話しかしていなかった仲であっても、一緒にお酒を飲むことで警戒心が薄れてくだけた話ができるようになるのです。
飲みにケーションは二人で行わなければならないものではありません。
職場の同僚を複数誘うことは至って普通のことで、喜んで付いてきてくれるはずです。

もし自分から提案する自信がない場合は、仲の良い同僚に企画してもらいましょう。
職場では、誰もがコミュニケーションを活性化したいと考えています。そのためには飲みにケーションが最適なのです。




Sponsored Links


職場のコミュニケーション活性化策その2「ランチ同行」


2471
職場でいくつかのグループができている場合は、そのグループと一緒に昼食を食べるランチ同行も良い方法です。お昼のランチにお供させてもらい、コミュニケーションを取りましょう。
仕事中は落ち着いて話ができない相手でも、食事をしながらであれば胸襟を開いて会話することができます。

もしランチに同行して話題がなかったとしても、目の前の料理や店の雰囲気など、話の種になることはたくさんあります。
コミュニケーションは具体性のある話をしなければならないわけではなく、些細な会話を積み重ねることが重要なのです。

また、グループのランチに同行するのではなく、自分が普段通っているお店に職場のメンバーを案内するのもひとつの方法です。
一緒に仕事をしていても伝える機会が無かった自分の嗜好を知ってもらうことになり、ランチを食べながらの会話に花が咲くはずです。




Sponsored Links


職場のコミュニケーション活性化策その3「MTG(ミーティング)を頻繁に行う」


2993
MTG(ミーティング)を頻繁に行うことも職場のコミュニケーションを活性化させます。
MTGというからには仕事に関する内容を話し合わなければなりませんが、長時間にわたって集中し続けることはできないため必ず休憩を挟みます。その休憩時は、仕事から離れて個人的な会話をする良い機会になるのです。

また、MTGで決まった仕事の詳細を詰めるために、同僚と話をしなければならないこともあります。
そのときに、飲みにケーションやランチ同行を行えば仕事の話とプライベートの話を同じときに行うことができ、結束が深まります。

MTGを行うことによって業績がアップすることは望ましいですが、MTGはあくまでコミュニケーションを活性化させるきっかけであると考えれば、リラックスして会話に参加できます。
それは同僚にとっても同じことなので、積極的にMTGを行いましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る