会社の備品の私物化は罪に問われるって知ってた?
417 ❤

会社から貸与されている備品など、バレないだろうとこっそり私物化したことはありませんか?

この行為、実は罪に問われる可能性があるのです。
それが、近々捨てるものであったとしても・・・です。

軽く考えすぎているの、後に大変なことになるので、ここでしっかり見ておりましょう。




Sponsored Links


会社の備品の私物化は罪に問われるって知ってた?


会社の文房具や定期的に取っている雑誌などを持ち帰っている人もいるでしょう。
程度にもよりますが、実は問題となりうる行為なのです

当たり前のことながら、会社の備品は、原則として会社に所有権があります。
従業員は、仕事に必要な限りで、備品の使用を許されているにすぎません。

備品には、大きく分けて2種類あります。
従業員同士で共用するもの(蔵書、パソコン、コピー機など)と、従業員各自に貸し出されているもの(ホチキス、電卓、制服など)です。

前者の備品は、勝手に私物化すれば窃盗罪(懲役10年〜罰金1万円)に問われることになるでしょう。

一方、従業員の手元にある後者の備品を私物化することは、業務上横領罪(懲役10年~懲役1カ月)が成立しえます。

ただし、会社に経費を請求して購入したようなポールペンや大学ノートを、自宅で「業務目的でのみ」使うぶんにはおとがめなしでしょう。

近ごろ「コスプレ」ブームも相まって問題となっているのは、会社の制服の無断使用です。

週刊誌などに、制服姿のOLや看護師、客室乗務員などの写真が掲載されていることもあります。
当の本人は、世間から注目されてウキウキ気分なのでしょうが、このような備品の私的な流用が、もし、企業のブランドイメージを下げているとみなされれば、懲戒処分の対象となったり、派遣契約が更新されなかったり、といったリスクもあるのです。

業者に回収依頼がされて、回収場所に置かれている会社の備品についても、これを着服すれば、占有離脱物横領罪(懲役1年〜科料1000円)に該当することもあります。ご注意を。

部下の備品着服で、「監督不行き届き」を理由に上司が処分されることも。軽く考えすぎないよう。

Sponsored Links

この記事の著者

mensedgeMEN’S EDGE編集部

MEN’S EDGE(メンズエッジ)は、「仕事や恋愛で他人と少しでも“差(エッジ)”をつけたい!」と考えるビジネスマンを全力で応援するメディアです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る