社員に対して会社は損害賠償請求することはあるの?
273 ❤

仕事をしていると小さなミスから大きなミスまで…
してしまう可能性はありますよね。
もしミスをしてしまった場合、会社から損害賠償を請求される可能性はあるのでしょうか?

可能性はあるんです。
程度にもよるが、会社が損害賠償を請求することは可能となっております。




Sponsored Links


社員に対して会社は損害賠償請求することはあるの?


過失によって会社に損害を与えた場合、会社から損害への賠償を請求されることがあります。
その場合どこまで賠償しなければならないのでしょうか?…

労働契約書や就業規則に「従業員が故意または過失によって損害を与えたときは、その全部または一部の賠償を求めることができる」という条文が設定されていることが多いと思います。

仕事の過程において通常求められる注意義務を果たしていれば、賠償責任は生じませんので問題はありませんが実際に従業員の重度の不注意によって会社が損害をこうむったとき、損害賠償を請求される可能性がでてきます。
その賠償金額が納得いくものだったら支払うこともやぶさかではないでしょうが、金額が大きかった場合は法律のプロの判断を仰ぎましょう。

一般的に損害賠償は「会社の事業内容、規模等諸般の事情に照らし合わせ、損害の公平な分担という見地から信義則上相当と認められる範囲内でのみ損害を請求できる」と判断されています。

宝石や貴金属を販売する会社の従業員が、営業先が、営業先で伝票を作成している間に宝石類が入ったカバンを盗まれるという事件がありました。
これにより被った2800万円の損害を、会社が従業員に賠償請求した案件では半分の1400万円の請求が認められています。

会社は従業員を使うことによって利益を得ているため、従業員の過失に対してもリスクを負うべきだ、という判断から全額賠償が認められることはほぼなく、減額されることが多いのです。

もちろん従業員が業務上横領や窃盗などの不法行為を働いた結果の損害は、全額賠償すべきものと解釈されています。

過失による損害賠償は認められるので集中して仕事をしましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る