仕事の「燃え尽き症候群」を対処する方法を知っておく
313 ❤

これまで仕事などにおいて献身的に努力した人が期待した結果が得られなかったことで感じる徒労感や欲求不満…
「燃え尽き症候群(バーンアウト・シンドローム)」。

あなたは「燃え尽き症候群」になっていませんか?
ここでは真面目な人ほどなりやすい…
仕事の燃え尽き症候群を対処する方法をご紹介しておきたいと思います。




Sponsored Links


仕事の燃え尽き症候群を対処する方法



残業、休日出勤もいとわずバリバリ働いていた人が、ある朝、何もかもやる気を失って出社できなくなる…
このような状態を「燃え尽き症候群(バーンアウト・シンドローム)」と呼びます。

心のガソリンが切れてしまったような状態で、几帳面でまじめな人がなりやすいと言われています。
心のガソリンを切らさないためには、忙しい毎日の中でも仕事以外の特別な時間をつくることが大切なのです。
家族や恋人との時間、趣味に打ち込む時間が、心のエネルギーとなるからです。

さらに「現実には100%完璧な仕事など有り得ない…」という視点を持ち、もし仕事で失敗しても自分を責めないことです。
出社しているけれど、なんとなくやる気が出ない…
なという時には、ショッピングなんかもおすすめです。

時計などの小物、洋服、下着など、新しい物を身につけてみましょう…
今までとは違う思い切ったデザインに挑戦するのがポイントです。
自分の新しい一面を見つけたような、新鮮な気持ちがやる気を回復させるでしょう。




Sponsored Links


仕事の燃え尽き症候群をファッションで対策



職業によって若干異なるが、ビジネスでの基本的なファッションカラーは、紺、黒、グレー、茶などでしょう。
これらの色は心理学的に考えると、落ち着きや安心感、信頼感を相手に与える効果があるのです。

けれども毎日同じスタイルやカラーでは、自分自身のモチベーションは上がらないのも事実…
こんな時は、いつもと違う色やデザインのネクタイや、有名人が着ている人気ブランドのスーツを着てみるのも良いでしょう。
不思議と気分も切り替わるもので、これは誰もが持っている「変身願望」を利用したモチベーションアップの心理法則なのです。

商談がある日はちょっとひかえたいが、商談がない日は、活力や情熱を表す赤味がかったオレンジや紫がかったピンク、鮮やかなグリーンの洋服で、モチベーションを高めてみましょう。
ただし派手なファッションを好む人は、心理学的には内向的なタイプだと言われています。
派手さは「もっと自分に注目してほしい」という無意識の表れで、内面を隠すための武装でもあるのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る