情勢をキーワードで把握する情報整理術を習得せよ!
32 ❤

ビジネスの世界は日進月歩…
昨日の出来事や情報が、次の日には古くて役に立たなくなっていることすらあります。

しかし、これだけ発達した情報化社会の中で、私たちはどのように情報整理をしていけば良いのでしょうか?…
そこで今回は、そんな「情報整理術」について、お話したいと思います。




Sponsored Links


情勢をキーワードで把握する情報整理術を習得せよ!


今は情報過多の時代です。
大量の情報が目の前を通り過ぎています。

その通り過るスピードも早くなりました。
うっかりすると大切な情報も逃げてしまいます。

しかし情報過多の時代だからこそ、大切な情報をキャッチして整理することが必要です。
情報を把握するために最も効果的なのは、「キーワード」で把握することです。

キーワードとは、鍵(キー)となる言葉(ワード)です。
何の鍵かと言えば、「記憶の鍵を開ける言葉」です。

たとえば「少子高齢化」という言葉を聞くと、出生率の低下や老人介護など、さまざまな記憶を引き出すことができます。
キーワードは、大量の情報を引き出すための鍵となるものです。

こういった感じで、世の中の動きを、キーワードで把握する習慣を身につけましょう。
「産業構造の空洞化」、「アジア経済」、「デフレ経済」、「EU存続」などキーワードで把握すると、世の中のトレンドが把握できます。
新聞やテレビなどのニュースで、何度も同じような言葉が使われている場合、それは世の中のトレンドや流行である場合が多々あります。

ですので、「よく聞く言葉だな」と感じたら、注意して情報収集しましょう。
たとえば、「なぜ民営化を進めているのだろう?」と考えてみます。
すると郵便局の民営化などの背景が自然と見えてくるものです。

また大量の情報を把握し、記憶するためには、情報をグルーピングすることが効果的です。
グルーピングとは、同じ仲間を集めることです。

たとえば、にんじん、ほうれん草などは「野菜」にグルーピングされます。
また「デフレ経済」といえば、物価の下落、地価の下落、給与カットなどがグルーピングできます。

このようにグルーピングすることで情報を整理できます。
情報をさらに整理する方法として、グルーピングを、何段階か階層化する方法があります。

たとえば野菜は「食品」の一部にグルーピングできます。
またデフレ経済は、「経済低成長」の一部にグルーピングできます。

デフレ経済の上位である「経済低成長」を考えると、不良債権、アジア経済成長などが、デフレ経済と同等にあげられます。
一見、無関係に見える世の中の事象も何らかの関連性があったりするのです。
世の中は相互に影響を与え合って変化しているからです。

大量の情報はキーワードで把握する…
そして階層化とグルーピングを利用して整理して、ビジネスの場でも活用していきましょう。

Sponsored Links

この記事の著者

mensedgeMEN’S EDGE編集部

MEN’S EDGE(メンズエッジ)は、「仕事や恋愛で他人と少しでも“差(エッジ)”をつけたい!」と考えるビジネスマンを全力で応援するメディアです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る