ビジネスにおける「プレゼンテーション」とは何か?
155 ❤

働く企業によって、またその人の立場によっては、「プレゼン(プレゼンテーション)」が重要な仕事であるという人も少なくないでしょう。
プレゼンテーションとは情報伝達手段の一種で、聴衆に対して情報を提示し、理解・納得を得る行為…
「プレゼン」という言葉が一般的に使われるようになりました。

情報過多の時代で、必要な情報だけをコンパクトに伝達することが求められています。
また、スピードの時代でもあり、時間に追われている人たちが増えています。
特にプレゼンテーションでは「短時間で早く正確に情報を伝達してほしい」というニーズが高まっているのです。




Sponsored Links


ビジネスにおけるプレゼンテーションとは説得術?!


プレゼンテーションとは、声が大きいこと、声がハキハキしていることと誤解している人がいます。
確かにプレゼンテーションの条件の一つですが、それらはあくまで手段にすぎません。

プレゼンテーションの目的は、提案内容を相手に賛同してもらうことにあります。
つまりプレゼンテーションとは説得術なのです。

相手に賛同してもらうためには、手段として、伝えたい内容を、正しくハキハキとわかりやすく伝えることが必要です。
しかし声がハキハキしていることなどは手段の一つにすぎません。

相手を説得するためには、論理的な説得ストーリーを持っていなければいけません。
論理的な説得法を、ロジカル・プレゼンテーションといいます。

プレゼンテーションの聞き手として参加しているということは、すばらしい発表で説得されたいと思っているわけです。
参加してよかったなと思えるプレゼンテーションをすることは、聞き手に対する最低限のマナーです。

相手に「なるほど」と思わせればほぼ成功です。
相手が納得し、賛同してくれるからです。

そのためにも論理的なストーリー展開が不可欠です。
また質疑応答に対しても、ていねいに対応することが必要です。

相手(聞き手)に賛同してもらうためには、相手の立場になって考えることが効果的です。
相手はこの情報をどこまで知っているのか、相手はどんなところに興味を持っているのかということを考えながら資料作成やプレゼンテーションることが重要なのです。

相手とのコミュニケーションギャップが生じるのは、相手が理解していない情報をとりあげる場合です。
その場合は、基本的な解説を加えることも必要です。

たとえば、安易に専門用語を使うと、相手が理解できない場合があります。
専門用語を使う場合は、若干の解説を加えることが効果的です。
相手が事前にどこまで理解しているかということを意識しなければ、相手にとってわかりやすいブレゼンテーションにはならないのです。




Sponsored Links


ビジネスにおけるプレゼンテーションは3つある?!


プレゼンテーションは、はじめから終わりまで三段階のプレゼンテーシ ンがあります。
プレゼンテーションは発表の本番だけではありません。

一つ目のプレゼンテーションは「プレ・プレゼンテーション」です。
プレゼンテーションの準備にあたる段階です。
プレゼンテーションはすでに準備段階からはじまっているのです。

プレゼンテーションの目的の確認資料の作成、会場や機材の事前準備などがプレ・プレゼンテーションです。
「備えあれば憂いなし」、「はじめよければ終わりよし」といいますが、何事もはじめが肝心です。

二つ目のプレゼンテーションは「プレゼンテーション」そのもの…
つまりプレゼンテーションの実施です。

発表内容が論理的に整合性があり、納得できるものでなければ論外です。
またわかりやすさ、正しい情報、熱意、好感度など、聞き手との真剣勝負になります。

発表者の一挙手一投足までも、プレゼンテーションの評価につながります。
身だしなみにも気を付けましょう。

三つ目のプレゼンテーションは「アフタープレゼンテーション」です。
発表後の質疑応答もプレゼンテーションの一部なのです。

質疑応答で、発表者の実力が試されることになります。
いくら発表がよくても、質疑に対する応答が稚拙なものであれば、理解していないな、内容がないな、この人には任せられないな、などと相手は直感します。

反対に、発表はたいしたことはなかったけれど、質疑応答で名誉ばん回することもあります。
質疑応答は、名誉挽回のチャンスでもあるのです。

アフタープレゼンテーションの最後の締めは、提案したことに対して実行の許可をもらうことです。
たとえば新商品開発のプレゼンテーションの場合、実行許可の意思決定と予算の確保を得ることが必要です。
プレゼンテーションの目的は、提案を採用されることにあるのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る