「経営戦略」とは今一度わかりやすく説明してみた件
131 ❤

ビジネスマンであれば「経営戦略」という言葉を何度となく耳にして来たことでしょう…
そもそも「戦略」とは、元は軍事用語で「大局的見地から敵を打ち負かす方法」という意味を持っています。

これを企業経営における経営に置き換えて定義すると、「長期的な視点で経営活動の基本的な方向づけを行うこと」ということができます。
具体的には、以下の四つの内容が挙げられます。

➀自社を取り巻く経営環境を分析し企業として対応すること
企業を取り巻く市場や顧客、競争業者などの外部環境、あるいは自社の経営資源などの内部環境における変化を察知してそれに適切に対応すること。

➁成長のための事業分野を選択すること
長期的に企業が成長するために、目先の現象のみにとらわれることなく、大きな方向性の下で成長する事業分野を模索し、製品・市場の分野を決定し、また既存事業との関わりを検討すること。

➂選択した事業分野における競争上の優位性を確保すること
選択された各々の事業分野において、いかに競合他社との持続的な競争優位性を構築するかを検討すること。

➃経営資源の有効配分を行うこと
限られた自社のヒト、モノ、カネ、ノウハウ、情報などの貴重な経営資源を各事業分野にどのように配分するかを決定すること。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る