マーケティングにおけるセグメンテーションの基準について
69 ❤

他社よりも優位に立つための手法として市場細分化すること…
これを「セグメンテーション」といいます。

多かれ少なかれ、ビジネスの世界ではこの「セグメンテーション」がマーケティング手法として数多く行われているのです。
では、そのセグメンテーション…
つまり、市場の細分化はどのように行うべきなのでしょうか?




Sponsored Links


マーケティングにおけるセグメンテーションの基準について



セグメンテーションを行う上では、当然その基準の設定…
つまり市場を細分化する際の軸の設定が重要となります。

以下のような属性を適宜選択または組み合わせて用いることができます。

①地理的変数・・・国·県·市などのエリア、都市規模、人口密度、気候など地理的な基準で市場を細分化します。

②人口統計的変数・・・年齢、性別、家族数、家族ライフサイクル、人種、国籍、所得、職業、学歴、宗教などの基準が挙げられます。測定しやすいことから、最も一般的な変数であるといえます。

③心理的変数・・・年齢が同じなど人口統計的には同一の集団に属する人であっても、社会階層、ライフスタイル(生活様式)、性格などの心理的変数によると、異なる集団に属する場合があります。

④行動的変数・・・製品に対する知識、態度、使用状況、反応などに関する変数です。俱体的には、追求便益、使用者状態、使用頻度、ロイヤリティー、購買準備段階、製品への態度、などが挙げられます。

このように、セグメンテーションの軸は市場規模、自社の強み、製品のライフサイクル、参入障壁、競合他社の戦略などを考慮した上で、自社に最も魅力的なセグメントを標的市場として選ぶための基準となるものです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る