マーケティングにおいて「セグメンテーション」を行う意味とは?
28 ❤

マーケティングの世界に「セグメンテーション」という言葉があります。
よく会議などで「〇〇をセグメントして…」と会話で出てくるのも、このセグメンテーションのことだといえるでしょう。

セグメンテーションの意味は、同じニーズや性質を持つ固まりや集団(セグメント)に分けることを意味します。
ビジネスの世界だと市場を一定の基準に従って、同質と考えられる小集団に細分化することなのですが…
では、なぜこの「セグメンテーション」が必要となるのでしょうか?




Sponsored Links


マーケティングにおいて「セグメンテーション」を行う意味とは?



市場をセグメントすることなしに、すべての人のニーズを満たすような製品を提供することは、非常に困難です。
物が充足している現代社会においては、消費者の欲求は高度化しており、また多様化しています。
そのような現代の消費者に対してすべてのニーズを満たすことを意図して製品を提供しようとすることは、返ってコンセプトが不明確となり、消費者への訴求効果が低くなってしまいます。

一方、すべての人が異なるニーズを持っているためとはいえ、個々の顧客専用の製品を提供していたのでは、コストがかかり、現実的ではありません。
そこで、セグメンションという手法が必要になります。

つまり、セグメンテーションによって、共通のニーズ及び類似した購買パターンを持つ顧客のグループに市場を分割し、それに応じて対応す
ることでより効率的なマーケティングが実行できるということです。

セグメンテーションを有効に実行する上で必要となる四つの条件は以下の通りです。

①測定可能性・・・セグメントの規模と競売力が測定できること
②実質性・・・最低限の規模ないし利益獲得の見込みがあること
③到達可能性・・・市場セグメントへ効果的に到達できること。統計的数字が入手できること。
④実行可能性・・・セグメントへ向けて効果的プログラムを作る経営資源が備わっていること。

この記事の著者

mensedgeMEN’S EDGE編集部

MEN’S EDGE(メンズエッジ)は、「仕事や恋愛で他人と少しでも“差(エッジ)”をつけたい!」と考えるビジネスマンを全力で応援するメディアです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る