コトラーの語る「ターゲットマーケティング」の必要性とは?
26 ❤

様々な技術やサービスが展開される現代社会…
それに伴って、ニーズも多様化しています。

多様化したた市場に対応していくためには「ターゲットマーケティング」の考え方が重要になってくるのです。
今回はそんなターゲットマーケティングの必要性について、お話しましょう。




Sponsored Links


ターゲットマーケティングの必要性



たとえ大企業といえども、保有する経営資源には限りがあります。
そのため企業はすべての市場においてカバーするのではなく、自社の強みを活かしていける魅力的な市場を狙っていかなければなりません。
このようなマーケティングは、ターゲットマーケティングと呼ばれます。

フィリップ・コトラーは、ターゲ ングを「市場をいくつかのセグメントに分け、そのうちの一つないし若干のセグメントに狙いを定め、セグメントごとに適切な製品を開発し、セグメントごとにマーケティングプログラムを策定していこうとするアプローチである」と述べています。

そしてターゲットマーケティングの利点として、市場機会が見つけやすいこと、及びより効果的なマーケティングミックスが策定できることを指摘しているのです。

また、ターゲットマーケティングは、三つのプロセスがあります。
それは、「セグメンテーション」、「ターゲティング」、「ポジショ二ング」です。
この三つは、現代の戦略的マーケティングの核心を成すものなのです。

この記事の著者

mensedgeMEN’S EDGE編集部

MEN’S EDGE(メンズエッジ)は、「仕事や恋愛で他人と少しでも“差(エッジ)”をつけたい!」と考えるビジネスマンを全力で応援するメディアです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る