マーケティングにおける「販売促進」の意味と種類について
15 ❤

「販売促進」とは、広告活動や人的販売を補足・協力して、効果的な商品・サービスの拡大を狙う施策のことと言えるでしょう。
当然、企業は自社の商品やサービスを消費者に購入してもらわなければ、売上は上がりません。

つまり、この「販売促進」は企業にとって、とても重要な施策となるのです。
今回は中でもマーケティングにおける「販売促進」の意味と種類について、ご紹介したいと思います。




Sponsored Links


マーケティングにおける「販売促進」の意味と種類



販売促進は、消費者、取引業者などに対してその需要を刺激することを目的として行われるプロモーション手段です。
簡単にいえば、販売促進は購入へのインセンティブを付与するものです。

この販売促進は、➀消費者向け販売促進、➁取引業者向け販売促進、➂社内販売担当者向け販売促進があります。

➀消費者向け販売促進
サンプリングや、実演販売、クーポン、景品、懸賞など、私たちの身近で行われているもので、比較的短期間で効果が上がる手法といえます。

➁取引業者向け販売促進
販売コンテスト、経営指導、無料商品提供、リベート、アローワンス、共同広告など、単なる販売店へのプロモーションだけでなく、販売店売上アップの支援のために行います。

➂社内販売担当者向け販売促進
社内コンテスト、販売会議、特別賞与など、組織内部の販売意識を高め、販売技術を高度化するために行います。

販売促進は、短期的に売上を増大させるのに貢献するといえます。
しかし長期的なシェアの獲得は望めません。

広告がブランドロイヤリティーを形成するのに役立つツールであるのに対し、販売促進は、インセンティブにより、ブランドスイッチを促すため、ブランドロイヤリティーを打ち破る方法として理解されています。
そのため広告費と販売促進費の予算配分が重要になってくるのです。

Sponsored Links

この記事の著者

mensedgeMEN’S EDGE編集部

MEN’S EDGE(メンズエッジ)は、「仕事や恋愛で他人と少しでも“差(エッジ)”をつけたい!」と考えるビジネスマンを全力で応援するメディアです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る