ビジネスの世界で報告や連絡はタイミングが命と言われる理由
45 ❤

あなたは仕事上で上司に報告することがある際、伝えるタイミングはしっかりと自分で把握できていますか?

もちろん自分自身が伝えたいタイミングで!と思っている人はいないとは思いますが、中には相手の都合を全く考えていないタイミングで報告している人もいるのではないでしょうか。

報告・連絡をする際に、最優先すべきなのは相手の都合です。




Sponsored Links


ビジネスでの報告や連絡はタイミングが命


近年、嫌われる人の特徴として挙げられるキーワードの筆頭は「KY」。
これは「k=空気、Y=読めない」人のことです。
「あいつ超KY!取引先も固まってた・・・・。ほんと迷惑!」などと、言われることも多いです。

まわりの空気を乱す人が敬遠されるのは職場も同じです。
みんなが急ぎの仕事でバタバタしているところでのんびりしていたり、静か蠉中して仕事をすべきときに突拍子もない発言をしたりすると、周囲から白い目で見られます。

場の雰囲気を察することはむずかしい。
しかしまずは、ビジネスの要、「報告」のタイミングだけは外さないようにしましょう。
とくに時間です。
朝、上司が出社して席につくやいなや「課長、◯◯の件ですが・・・・」では、何かトラブルが起こったかとドキリとさせるだけです。
外出間際や帰社時間近くも慌ただしいのでよくありません。
また相手が誰であっても、細かい数字の計算など、集中力を要する作業に向かっている人に突然話しかけるのはいやがらせに近いです。

ただ、トラブルなどの緊急事態は別です。
「忙しそうだから」「出かけるところだから・・・・」と遠慮している場合ではありません。
ここは「お忙しいところすみませんが、急ぎなので」と断って、すみやかに報告するのが正解です。

最優先すべきは「相手の都合」です。
様子を見計らいつつ「今よろしいですか?」「◯◯の件でご相談があるのですが、今お手すきですか」などと、話せる余裕があるかどうか尋ねる形で話しかけましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る