仕事が忙しく「休憩なし」の状態は許されるのか?
27 ❤

もし会社では休憩時間にもひっきりなしに電話がかかってきて、電話の隙を見て机でお弁当を食べる…
休憩時間もあったものじゃない…
そんな状況だった場合、これは労働基準法に引っかかるのでしょうか?

労働基準法で定められた休憩時間は、労働時間が6時間を超える場合には少なくとも45分、8時間を超える場合には少なくとも1時間となっています。
1日8時間勤務であれば、45分の休憩時間が与えられます。

ただし、ここで三つ条件があります。
一つめは、休憩時間は労働時間の途中に与えられ、始業前や終業後に与えられることはない…
ということ。
つまり、休憩を取らずに働き、その分早く帰るということは認められないわけです。

二つめは、休憩時間中は会社の指揮命令を受けない自由が保障されている…
ということ。

三つめは、休憩は原則、全社員一斉に与えられるということです。
ただし、休憩時間を一斉に取ることが困難な業種または労使協定を結んだ場合は、一斉に取らなくてもいいことになっています。

そのため休憩時間なのに電話を取らねばならないという状態は、二つめの「会社の指揮命令を受けない自由が保障されている」という条件に完全に抵触します。
ですので、会社に訴えて、電話を取らなくていい状態にしてもらうか、別の時間に休憩を取ることを要求することができるのです。

この記事の著者

mensedgeMEN’S EDGE編集部

MEN’S EDGE(メンズエッジ)は、「仕事や恋愛で他人と少しでも“差(エッジ)”をつけたい!」と考えるビジネスマンを全力で応援するメディアです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る