ビジネスの基本はメールではなく対面であることを忘れていませんか?
79 ❤

人と話すのは苦手だから・・・・といった理由で、ビジネスの場面にもかかわらず、何でもかんでもメールで済まそうとする人がいます。

時と場合によってはもちろんメールもとても大切なツールになります。

しかし、ビジネスにおいては対面が基本、ということを忘れてはいませんか?




Sponsored Links


ビジネスの基本はメールではなく対面であることを忘れていませんか?


最近よく聞くオフィスの困った話です。
「隣の席の人から、”コピーとっといて”とメールが来てびっくり。口で言えばいいと思うんですけど・・・・」
もっとひどい話では、目の前に座っている同僚が何か長時間パソコンに向かっていると思ったら、その人が帰ると同時に自分への批判メールが送られてきた、というケースまで耳にしました。

メールは相手の都合に合わせて読んでもらえる気軽さや、双方に同じ文面が残る便利さがあるが、体温がなく機械的なツールです。
口で伝える手間が省ける分、無味乾燥で感情が伝わりにくいところがあります。

ビジネスの基本は「対面」。
メールはその代わりの手段で、「本来はお目にかかってお話しすべきところ、手間を省いて申し訳ありません」という気持ちはどこかに必要です。
ビジネス文書をペーパーレス化するのとは訳が違います。
最低限の会話はメールすべきではありません。

またメールは「送った」ことで連絡完了ではありません。
自分がメールだけに通信を頼っていると忘れがちだが、相手が見ていないということも考えられます。
早めに連絡が欲しいなら、「メールをいたしましたが、念のためにご連絡しました」と電話で確かめることです。

また声ならトーンで喜怒哀楽が伝わるが、文面では誤解が生まれやすいです。
「どういう意味でしょうか」という同じ文言を、”理解力がなくてすみません”という表情で頭をかきながら伝えられるのと、メールで送られるのとでは印象は大違いです。
しかし、ビジネスで顔文字はNG。
メールでは自分の感情より体温が何度も下がって読まれると思って、ていねいに柔らかく伝えるように心がけましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る