職場の後輩に対する「仕事の教え方」で何を一番に意識すべきか?
38 ❤

ビジネスマンも入社して数年が過ぎると後輩に仕事を依頼することも出てきます。
その際に、意識したいのは「コーチング」の考え方です。

先輩というたちばから仕事の難易度や相手の状況に合わせて指示を出し、理解度やモチベーションを確認しながら仕事を進めさせることで後輩の学びにつなげていく必要があるのです。

そのため後輩に仕事を指示するときは、単に仕事をやらせればいいのではなく、その後輩が自分の能力を最大限に活かし、仕事を学びながら成長するのをサポートすることが先輩としての役割だという自己認識が不可欠です。
ベースにあるのはコーチングの発想…

コーチングとは、「ある人間の能力を最大限に引き出すために、教えるのではなく、その人が自ら学ぶのを助けること」をいいます。
コーチングのコアスキルは「質問」で、指示するときには、相手の能力や経験の有無やモチベーションなどを確認しながら指示することが大切です。

「聴く」「訊く」「伝える」の中の「訊く」部分を駆使するわけです。
仕事の目的を伝えたときに「いつまでにできる?」、「何かわからないことは?」などと説明と質問を繰り返し、相手がどこまで理解しているかを確認するとともに、モチベーションを上げさせながら進めます。

また、会話の導入には、「あの企画書、よくできてたよ」などと後輩のいいところをほめて相手との距離を縮めておくと良いでしょう。
そして時折、「こういう考え方もあるよ」などと視野を広げたり、「これってどう思う?」と解決方法を導き出すための深める質問を適度に挟むと、より質の高いコーチング的な指示ができます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る