モノの値段に「8」という数字が多い理由はなぜか?!
66 ❤

街中のスーパーなどの特売品や、デパートなどのセールの特価品の値段を注意して見てみると、ある共通点に気がつくことがあります…
198円、2480円というように、「8」で終わる値札が多いということに。
実は、この「8」という数字は、商品を安く感じさせる魔法の数字なのです。

たとえば、特価品が980円で売られているとしましょう…
4ケタと3ケタとでは、価格のイメージが大きく変わります。

1000円札1枚を出して何も返ってこないのと、20円のおつりが返ってくるのとでは、買う側のお得感には大きな違いがあるのです。
たしかに20円だけを見れば「たった20円」と感じるのですが、「1000円払って20円が返ってくる」となるとインパクトは大きいのです。
そのインパクトの大きさを与えるために、980円という微妙な価格設定をしているわけなのです。

「8」を用いて割安感を出す価格設定は「端数価格」といわれ、実は日常的にいろいろな店で使われています。
逆に、ほとんど使われない数字もあります。
それは「1~4」の数字です。
この数字というのは場合によっては、割高なイメージを与えることになるからです。

たとえば110円という価格だと、100円にわざわざ10円を上乗せしたような印象があります…
1350円といった価格では、たとえ値引き品であったとしても、350円が余計な金額のような気がして、買う方にしてみればお得感からはほど遠くなってしまうのです。
数字のイメージをうまく利用した価格設定があることを、ビジネスマンとしても消費者として知っておくのもいいかもしれませんね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る