「〇〇セール」の裏側に隠されたマーケティング戦略とは?
42 ❤

当然のことですが、激安セールが真っ盛りの時代に、定価で買い物をしたいと思う人はほとんどいないでしょう。
限度はありますが、足を棒にしていくつも店を見てまわり、たとえ交通費をかけてでも1円でも安く買うことのできる店を探す人が多いかと思います。

とはいえ、逆にあまりに安すぎても「これには何か裏があるのでは?…」と勘ぐってしまうのが消費者心理…
ましてや食の安全が消費者の関心事となっている現在、消費者は一にも二にも安心できる商品を買いたいのです。

そんな私たちが安心して安いものを買えるのが、実は「創業感謝祭」や「水曜市」などと名づけられたセールなのです。
たとえば「創業10周年に感謝して〇〇割り引き!」、「毎週水曜日は全品1割引きでご提供!」などと、どうして安いのかを消費者に端的にアピールして、値段の正当性を理解してもらうのがこのセールだからです。

ようするに、わかりやすくて、いくら安くなっているかが、ひと目でわかれば客の信用を得ることができるのです。
極端な話、何周年記念だろうが何曜日だろうが、客を説得することができれば理由は何でもいいのです。

また、プロ野球シーズンが終わる秋に必ず行われる球団関連のデパートやスーパーの「優勝感謝セール」や「応援ありがとうセール」などもその代表的な例と言えるでしょう。

セールに合わせて買い物に行く人の多くは実はそのチームのファンでもなければ、そもそもプロ野球には興味もない人もいます。
ところが、スポーツニュースばかりか一般のニュースでもチームの優勝とセールの予定が報じられると、「優勝したから安いんだ」、さらには「セールをやっているうちに買わなければ損だ」という“魔法”にかけられてしまうのです。

そして店に足を運び、大音量で流れるチームの応援歌とド派手なポップ…
そして集まる客の熱気につられてしまい、ついつい予定外の買い物までしてしまうのです。

「私はセールには弱くて…」と言う人がいますが、これは店に客を呼びたい店側の仕掛けにまんまと乗せられているだけかもしれません。
エッジの効いたビジネスマンであれば、こういったセールをうまく使いこなして自社商品を拡販していくのも一手なのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る