教えて!スーツをクリーニングするタイミングっていつなの?
634 ❤

「仕事で毎日スーツを着ているけど、いつクリーニングに出せば良いのかタイミングがわからない」…
「気が付けばもう何カ月も出していない」…
そんな人も多いのではないでしょうか?

スーツはビジネスマンにとっての“戦闘服”です。
そして他人からの自分の印象や評価にも左右する大切なアイテムでもあるのです。

そんなスーツをいつまでも洗わないで、放っておいて良いはずがありません。
では一体、スーツはどのぐらいの頻度で、どのタイミングでクリーニングに出せば良いのでしょうか?…




Sponsored Links


スーツをクリーニングするタイミング


46
まず、スーツをクリーニングするタイミングは「着る頻度」と「着まわす枚数」により変わってきます。

毎日スーツで通勤している人であれば大体3~4着で着まわしている人が多いかと思います。
この場合は目安としてはワンシーズンに1度で十分です。

けれども社会人になったばかりの人や、体型が変わってきた事で体に合うサイズのスーツが減ってきて、1~2着と少なめの枚数で日々まわしている人は、シーズンの合間にもう1度クリーニングに出した方が良いでしょう。

ちなみにワンシーズンとは大体3ヶ月です。
つまり春(3月・4月・5月)、夏(6月・7月・8月)、秋(9月・10月・11月)、冬(12月・1月・2月)のワンシーズンで、最低でも一度はクリーニングに出すことになります。

またスーツも大体3種類に分けられて「春・秋物」と「夏物」、そして「冬物」とに分類できます。
春・秋物は半分裏地がついているもので、夏物は春・秋物よりもさらに薄手で向こう側が見えるほど裏地がほぼついていないもの、そして冬物は厚手でしっかり裏地がついているものです。

人によっては春夏秋は同じ種類を着て、冬だけ冬仕様の物を着るという人も多いと思いますが、春秋冬はワンシーズンに1度で問題ありません。
ただし夏の汗ばむ季節だけは1ヶ月に1回のペースで、またその他にも食事の際にソースなど目立つ汚れを付けてしまった場合には、その度に洗う方が好ましいでしょう。

スーツに汚れやシワなどが幾つもあると、男女ともに「この人はだらしがないのかな?」というような印象を与えてしまう事もあり、仕事や恋愛面で良くはありません。
小まめにクリーニングをして、いつでも清潔感を保っている事が大切なのです。




Sponsored Links


スーツの寿命を長持ちさせる方法


47
毎日のようにスーツを着て、定期的にクリーニングを繰り返していると、いずれスーツにも寿命がきます。
さすがに穴が開いてしまったり生地が傷んできたりすれば、長年連れ添ったお気に入りの戦闘服と言えども捨てなければいけません。

そこで、そんなスーツの寿命を少しでも長持ちさせる事は、エッジの効いたビジネスマンにとっては大切な仕事です。

まず先述したクリーニングにおいても、一般のドライクリーニングは汗汚れには弱いという性質があります。
そのため、夏物はシーズンの終わりのタイミングでオプションになると思いますが、しっかりと汗抜き加工をしておく事で、結果的に長持ちの秘訣となります。
そして季節に関わらず、クリーニングに出したら周囲のビニールをはがして、クローゼットにつるして保管しておく事もスーツの寿命を長く延ばすコツです。

また、クリーニングはワンシーズンに1度といっても日々のケアは大切です。

最も大事なケアは衣類ブラシをかけることです。
家に帰ったらブラシでササッと表面の埃(ホコリ)を落としておくだけで、スーツの寿命はぐんと長くなります。
さらに飲み会などで臭いがついてしまったという時には、アイロンのスチームをあてて1日陰干ししておくと臭いは取れます。

このようにスーツは戦闘服であり、大事な仕事仲間でもあるので日々のケアを怠らず、劣化させずに寿命を長く保持させてあげましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る