iPhone・Android(アンドロイド)で使える無料ビジネスアプリを探してみた件
507 ❤

今やビジネスマンに欠かせないアイテムの一つともなったiPhoneやAndroid(アンドロイド)を始めとするスマートフォン。
中でもスマートフォンのビジネスアプリの中には、無料でもかなり使えるものがあったりします。

そこでiPhoneで使える無料ビジネスアプリ5選、Android(アンドロイド)で使える無料ビジネスアプリ5選に分類して、ご紹介したいと思います。




Sponsored Links


iPhoneで使える無料ビジネスアプリ5選


1401
ビジネスで知り合う人が増えると連絡先の管理が複雑になり、いざ連絡しようとしても相手の名前を探すことに手間取りがちです。
そんなときに使えるiphoneのビジネスアプリの1つ目が「GContact Lite」です。
ドラッグアンドドロップで個人の連絡先を簡単にグループ分けすることができるため、連絡先を交換したらすぐに分かりやすく管理することが可能です。
iphoneならではの特徴として、iCloudへのバックアップにも対応しています。

外出先で資料の修正をしたいときにおすすめなのが2つ目「Microsoft Excel」です。
パソコンで使用しているものとほぼ同じ機能が利用でき、操作はタッチ画面に最適化されています。
無料で利用できるのでいざというときのためにインストールしておきましょう。

また、加えて外出先でファイルを閲覧するために活用できるのが3つ目のアプリはみなさんご存知「Dropbox」です。
クラウド上にファイルを保存しているため、iphoneがあればどこででも閲覧できます。
ロック機能がありセキュリティ面も万全です。

その他にもiphoneで予定を管理するときには4つ目が「Lifebear」がおすすめです。
カレンダーやメモ、ToDoリストなどを見やすく表示でき、指定した時刻でのローカル通知機能やiOSカレンダーとの同期もできます。
PCでも利用可能でスタイリッシュでシンプルなデザインが特徴なビジネス無料アプリです。

さらにカレンダーを確認したいだけであれば5つ目の「みんなのカレンダー」も無料で利用でき、直感的な操作で時間を掛けずにチェックできることが特徴です。
1年のカレンダーを1画面に表示でき、シンプルでさくさくした動作感が忙しいビジネスマンにも使いやすいiPhoneアプリです。




Sponsored Links


Android(アンドロイド)で使える無料ビジネスアプリ5選


1400
メモを取りたい場面で威力を発揮するアンドロイドアプリが「Fetchnotes」です。
Twitterと同じようにハッシュタグで内容を管理できるだけでなく、タイムラインでメモが表示されるので使いやすくなっています。

手書きでメモを取りたい時は「Note Anytime Lite」を使いましょう。
手書きできることに加え図や表を書き込むことも出来るので、より分かりやすいメモが取れます。
スケジュール管理なら「ジョルテ」です。
カスタマイズ性に富んでおり、自分好みのスケジュール帳を作ることが出来るほか、Googleカレンダーと連動するなどアンドロイドならではの機能を備えています。

そしてAndroid(アンドロイド)でクラウドストレージを使いたいときには「Googleドライブ」です。
最大の特徴は容量で、無料で15GBもの容量が使用でき、スマートフォンやタブレット、PCのどこからでもアクセスできます。
またファイルやフォルダの閲覧や編集、コメントなど他のユーザーを招待することができます。

ビジネスシーンで名刺交換を行ったときには、「CamCard Lite」を使います。
スマートフォンのカメラで名刺を撮影すると、自動で名前や勤務先などを読み取って保存してくれるのです。
バージョンアップを重ねて識字率も上がり、名刺データにファイルや画像などをまとめることも出来るようになりました。

「楽々交通費精算」は、交通費の申請を行いやすくするためのビジネスアプリです。
日付や交通手段、経由地などの情報を入力できるだけでなく、精算書に合わせて必要事項をカスタマイズできるAndroid(アンドロイド)アプリです。
必要な項目を記録して精算書のフォーマットに合わせたCSVファイルを作成したり、Yahoo!乗換案内、駅探★乗換案内、駅すぱあとからのルート登録にも対応しています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る