恋がしたい“仕事命”のビジネスマン必見!ビジネスの考え方を恋愛に取り入れてみよう
540 ❤

仕事は意欲的に取り組むことができるのに、恋愛に対しては「恋がしたい」という気持ちを抱きながらも、決定打に欠けるという不燃焼な気持ちを抱えているビジネスマンも少なくないようです。

仕事ができるビジネスマンほど積極的に恋愛にも挑んでいく傾向がありますが、仕事に高いモチベーションを抱く人ほど、よほど気に入った相手ではない限り、時間や労力を異性と過ごすより仕事に注ぎたいと考えてしまうために理想も高くなりがちです。

連絡を取り合うことができる異性の知り合いはいても、ひとりに決める際には迷いが生じてしまうもの…
仕事は営業目標などを数値として目標に向けてビジネスプランを立てやすく、結果が一定期間内ではっきりと表れるために何をするべきかを把握しやすいのです。

ビジネスマンは仕事では、案件に対して達成目標と期間を決めて動きます。
恋愛でも同様の考え方を用いて行動すると何を望んでいるのか、どう動くべきなのかがクリアになり効率的に進めていきやすくなります。

気になる相手がいない場合はどのような相手を求めているのか優先順位をつけることで明確にしていくのです。
忙しいビジネスマンほど仕事の優先順位を考えて動くことは必須のスキルです。

恋愛に対しても限られた人生の期間の中で、やみくもに多くの異性に出会うことは時間の無駄遣いだとも考えられます。
多くの人に会うとしても、この条件が満たされない場合は1時間以内で解散など、ビジネスの面接と同様選別することもときには必要だと考えるからです。

また、ビジネスの場で自分のプランをアピールしたり、商品を開発し顧客に購入を促すプランを立てるためには、相手によってプレゼンテーションの仕方を変えると思います。
同じものを売るとしても顧客のニーズによって伝える方法を変えるという考え方は恋愛でも充分に生かすことができます。

相手が求めているニーズをビジネスと同じように入念に検証し、より価値を提供できる魅力をプレゼンテーションするように心がけることで、より効果的に相手の関心を引き寄せることができるのです。

仕事を成功させた勝ちパターンの考え方は、プライベートでも活用できるものが多いものです。
感情に浸ることができるのも恋の魅力ですが、能率を考えることで関係を優位に進めることができる一面もあるのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る