就活?葬式?…TPOに合わせたネクタイとディンプルの作り方
969 ❤

ビジネスマンのお洒落ポイントとして欠かせないのがネクタイです。
ネクタイの色や形、また結び方などで印象が大きく変わって来るからです。

しかもネクタイはTPOに合わせたものなくてはいけません。
就活や転職などの面接でお葬式用の真黒なネクタイをしていくのはNGですし、逆にお葬式で派手で真っ赤なネクタイをしていけば、人間性を疑われてしまいます。

そこでエッジの効いたビジネスマンであれば知っておくべき、就活や転職、葬式などのTPOに合わせたネクタイとディンプルの作り方について学んでおきましょう。


「就活」でのネクタイとディンプルの作り方


1315
就活に求められるのは誠実さ、真面目さなどどちらかと言うと硬いイメージです。
スーツが濃紺や黒っぽいもの、シャツはホワイトであることを考えれば、自ずとネクタイも決まってきます。

まず色は青っぽいものや落ち着いた暗い色が無難です。
入社したい企業に強いイメージカラーがある場合は、いやらしくならない程度にその色を使うのは良いです。

面接時などにさりげなくアピールできます。
採用担当者は必ず気づきますし、その話になるかもしれません。

準備をしておくべきでしょう。柄は派手でなく、マットなものが良いです。
ディンプルを作るなら小さめに一つで良いでしょう。

シングル用の小さな結び目を固く締め、ディンプルを作ります。
長さはベルトが半分かもう少し隠れる程度ので締めてください。
短過ぎるのは良くありません。

長過ぎは、短過ぎよりは好印象ですが、あまり賢そうに見えないので注意です。
適度な長さが就活にはベストです。




Sponsored Links


「葬式」でのネクタイとディンプルの作り方


1314
葬式に着るのは喪服です。真っ黒なスーツに白のワイシャツで、当然ネクタイも黒となりますが、黒にもいろいろあります。葬式に締めるならおとなしいものが良いです。
光沢があるものや、柄が入っていると抵抗感を抱く人もいるので、黒の無地で刺繍などもないものを選びましょう。
結び目は小さい方が良いです。

一般論で言うと、ディンプルは作らないほうが無難です。
首元に立体感を持たせ、おしゃれに見せるためのものなので、葬式にはそぐわないという意見が大半です。

自分を良く見せるのではなく、亡くなった方を弔うための式なのでわきまえている、という態度が必要です。
ちなみに最近流行っているネクタイピンを見せるような留め方も良くありません。

光るようなものや派手なものは極力避けた方が良いです。
不要な誤解を招くような服装はするべきではありません。




Sponsored Links


まとめ


1317
就活と葬式は、どちらも派手過ぎないおとなし目の、落ち着いた態度、服装が求められるシチュエーションです。
目立つものは好まれません。
特に葬式は自分が主役ではないことをわきまえ、あくまでも故人を悼むことにフォーカスしてください。

就活の場合も派手すぎは良くないという前提はありますが、例えばアパレル系の企業で少しアピールが必要と思われる場合や、華やかな職場であるときはそれなりに砕けた感じが必要になることもあります。
その時はネクタイも少しおしゃれをイメージしたもの、流行に乗った色やタイピンを身につけることも必要です。

ディンプルに関しても、少し大きめに見せたり、2つ作ったりしても良いでしょう。
TPOに合わせたちょっとした気遣いができる人間であることをアピールしてください。
自分を売り込むためにはそういったさり気ない自己演出も必要です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る