女子ウケの悪い…男の夏定番ファッションがヤバい件とは?
770 ❤

女性の中では流行っているファッションでも男性からすると「それのどこがイイの?」と感じるファッションがあります。
これは言いかえると、男性の中ではオシャレだと感じているファッションであっても、女性からすると「あまり好きになれない…」というスタイルがあるということです。

そこで今回は女子ウケの悪いとされる男性のファッションに関してご紹介しておきましょう。


女子ウケの悪い男の夏定番ファッションその1「短すぎる短パン」


1807
夏という時季は、男にとってオシャレが難しい期間とも言えます。
減らせる物は減らし、できるかぎり涼しさを求めます。
しかし、それが悲劇のはじまりです。

オシャレと涼しさのバランスが崩れ、女子ウケ悪い男ファッションになりがちです。
夏の女子ウケ悪い男ファッションには、3つのポイントがあります。

1つ目は、短すぎる短パンです。
暑さを避けるため、よりオシャレに見せるため、男は短すぎる短パンを穿く傾向があります。

涼しさとデザインを兼ね備え、暑い日には欠かせないアイテムになります。
けれど、女性は短い短パンが嫌いです。

見た目がホットパンツのように見え、どこかハードに感じ近寄りがたい存在です。
また、すね毛を処理していないのはNGになります。

ただただ汚さをアピールし、女性からの印象を大きく下げてしまうのです。
短パンとはいえ、適度な丈を知ることが大切です。

雑誌やオシャレな街に繰り出すとそんな短パンの男性を多く見かけますが、かなりのファッションセンスを持っていないと女性は引いてしまうのです。




Sponsored Links


女子ウケの悪い男の夏定番ファッションその2「サイズが合っていないシャツ」


1808
2つ目は、サイズが合っていないシャツです。
この時季になると、オーバーサイズのシャツを着る人が増える傾向にあります。
それがトレンドであり、一種の鉄板コーディネートです。

太さと細さのバランスが、世間ではオシャレに感じられます。
しかし、それを好ましく思わない人もいます。

ビッグシルエットは女子ウケ悪い男ファッションに堂々ランクインしています。
やはり、ファッションはジャストサイズのコーディネートが一番似合います。

変にビッグシルエットを目指して、太った印象を持たれては本末転倒です。
また、時代遅れのB系にも捉えることができます。

田舎らしさを漂わせ、マイルドヤンキーと揶揄されてもおかしくない存在です。
自分の体型に合わせ、オシャレなコーディネートをする方がよほど女性にモテます。




Sponsored Links


女子ウケの悪い男の夏定番ファッションその3「サングラスを胸元にかける」


1805
3つ目は、サングラスを胸元にかけることです。
日差しが強い日に、サングラスをかけることがあります。

それをオシャレに変換するため、サングラスをシャツの胸元にかける人がいます。
セレブ芸能人のように見え、小金持ちを演出可能です。

しかし、それが世間ではウザく感じます。
一般人がサングラスを胸元にかけ、粋なそぶりをしているのは批判を受けます。

太陽が出ていようが出ていまいが、サングラスを必要以上に使うのは魂胆が見え見えです。
サングラスは日除け、ファッションとして使うのはあまり良い印象を受けないのが相場です。

これほど女子ウケ悪い男ファッションが続出しているのは、雑誌の影響力があります。
何でもかんでも雑誌をマネして、自分は粋な人間だと錯覚します。

一番大切なのは、自分が満足のいくスタイルを目指すことです。
世間の情報に踊らされず、自分らしさを磨くことが重要になります。

この記事の著者

mensedgeMEN’S EDGE編集部

MEN’S EDGE(メンズエッジ)は、「仕事や恋愛で他人と少しでも“差(エッジ)”をつけたい!」と考えるビジネスマンを全力で応援するメディアです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る